No.690 2007/7/24 奄美大島・崎原ビーチ(笠利)
天気 時々曇 水温:約 30℃


毎年奄美に遊びに来る高校時代からの親友と、7月24日に奄美大島北部の崎原(サキバル)ビーチにいってきました。
友人はノンダイバーでビーチでのんびりするのが楽しみで来ているので、私だけちょこっと潜らせてもらいました。

奄美大島には崎原(サキバル)という地名が何箇所かあるのですが、今日は笠利の崎原です。
海水浴にはたまに来るのですが、ダイビングで潜るのは今日がはじめてです。
かなりの遠浅のビーチで、かな〜り沖まで行っても水深3m位です。それもそのはずで、このビーチでは春の潮の満ち引きが大きい日は「隠れ浜」が現れるそうです。潜ってみて納得でした。

ウミウシは、初めての場所+この時期にしてはゴクラクミドリガイの仲間を中心にまあまあ見られた方だと思います。
夏以外の時期も期待できるかもしれません。

今回一番嬉しかったのは、4年ぶりに見ることができた、マツゲメリベウミウシです(体長:約15mm)。
4年前も夏場(倉崎ビーチ)に確認していますので、どうやら夏に見られる種類なのかもしれませんね。
しかし、この半透明な姿ですから、ただ単に見つけられないだけかもしれませんが。

奄美大島・崎原ビーチで出会ったウミウシたち

クロボウズ Nakamigawaia sp. 1 ----- 2個体
エンビキセワタ Odontoglaja guamensis ----- 2個体
ツノクロミドリガイ Elysia sp. ----- 1個体
トウアカミドリガイ Thuridilla kathae ----- 2個体
チゴミドリガイ Thuridilla livida ----- 2個体
ハナミドリガイ Thuridilla splendens ----- 1個体
ヨゾラミドリガイ Thuridilla vatae ----- 4個体
チドリミドリガイ Plakobranchus ocellatus ----- 1個体
クロヘリアメフラシ Aplysia parvula ----- 2個体
キャラメルウミウシ Glossodoris rufomarginata ----- 1個体
ツノキイボウミウシ Phyllidia elegans ----- 1個体
マツゲメリベウミウシ Melibe engeli ----- 1個体

学名の読み:グロッソドーリス ルフォマルギナータ キャラメルウミウシ
Glossodoris
rufomarginata
学名の読み:フュリッディア エレガンス ツノキイボウミウシ
Phyllidia
elegans
学名の読み:フュリッディア エレガンス ツノキイボウミウシ
Phyllidia
elegans
学名の読み:メリベ エンゲルイ マツゲメリベウミウシ
Melibe
engeli
学名の読み:メリベ エンゲルイ マツゲメリベウミウシ
Melibe
engeli
学名の読み:メリベ エンゲルイ マツゲメリベウミウシ
Melibe
engeli
学名の読み:メリベ エンゲルイ マツゲメリベウミウシ
Melibe
engeli
学名の読み:メリベ エンゲルイ マツゲメリベウミウシ
Melibe
engeli
学名の読み:トゥリディラ スプレンデンス ハナミドリガイ
Thuridilla
splendens



画像をクリックすると大きな画像とウミウシのデータが表示されます