No.653 2005/11/08 奄美大島・手広ビーチ 
天気 曇時々晴 水温:約 26℃


 手広ビーチで潜りました。

 以前にデジカメの電池切れで、初めて見るのに撮影できなかったウミウシを求めてリベンジです。

 第一目標は、ヒュプセロドーリス・ゼフュラ。第二目標は、パイナップルウミウシ。第三目標は、エレガントヒオドシウミウシ です。今日はうねりがかなり小さいので見付かりそうな予感がしますが、さてどうでしょう。

 モザイクウミウシ や ロスジヒオドシウミウシ がよく見付かります。そうなると同じHalgerda属のパイナップルウミウシが居てもよさそうな感じです。
 そしてついにパイナップルウミウシを見つけました。大きさや色合いからして、以前確認したものと同一個体と思われます。今回の個体は3cmほどでしたが、図鑑・沖縄のウミウシ、本州のウミウシによると大きくなる種のようですのでこのままずっと観察できればと思っています。

 エレガントヒオドシウミウシ と ヒュプセロドーリス・ゼフュラは居そうな雰囲気は十分あるのですが、今回も確認できませんでした。ゼフュラは何処かへ移動してしまったのかもしれませんね。

 今回は、かなり色合いの雰囲気が異なる ヒオドシユビウミウシ も確認できました。体の色が通常の個体に比べシンプルなのですが、背中の突起がとても色鮮やかでキレイな個体です。体長が約17mmとこの種にしては小さいため、幼体なのかもしれないと考えています。

 これからの季節は北よりの風にり手広ビーチに入る機会も多くなるため、リベンジはもうしばらく続きそうです。

奄美大島・手広ビーチで出会ったウミウシたち

コナユキツバメガイ Chelidonura amoena ----- 1個体
ハナミドリガイ Thuridilla splendens ----- 2個体
チドリミドリガイ Plakobranchus ocellatus ----- 1個体
シロスジヒオドシウミウシ Halgerda albocristata ----- 2個体
モザイクウミウシ Halgerda tesselata ----- 3個体
パイナップルウミウシ Halgerda willeyi ----- 1個体
セトイロウミウシ Chromodoris decora ----- 1個体
ヒメコモンウミウシ Chromodoris rufomaculata ----- 3個体
ゾウゲイロウミウシ Hypselodoris bullocki ----- 1個体
センテンイロウミウシ Hypselodoris maculosa ----- 2個体
フリエリイボウミウシ Fryeria menindie ----- 2個体
コイボウミウシ Phyllidiella pustulosa ----- 3個体
ヒオドシユビウミウシ Bornella anguilla ----- 1個体
サキシマミノウミウシ Flabellina bicolor ----- 1個体
アデヤカミノウミウシ Flabellina exoptata ----- 1個体

学名の読み:ハルゲルダ・ワシニエンシス コヤマウミウシ
Halgerda
wasiniensis
学名の読み:ハルゲルダ・ワシニエンシス コヤマウミウシ
Halgerda
wasiniensis
学名の読み:ハルゲルダ・ワシニエンシス コヤマウミウシ
Halgerda
wasiniensis
学名の読み:ハルゲルダ アルボクリスタータ シロスジヒオドシウミウシ
Halgerda
albocristata
学名の読み:ヒュプセロドーリス ブロックイ ゾウゲイロウミウシ(新参異名:ハダイロウミウシ)
Hypselodoris
bullocki
学名の読み:ボルネッラ アングイリッア ヒオドシユビウミウシ(異名:ゴシキユビウミウシ)
Bornella
anguilla
学名の読み:ボルネッラ アングイリッア ヒオドシユビウミウシ(異名:ゴシキユビウミウシ)
Bornella
anguilla
学名の読み:ケリドヌラ  アモーエナ コナユキツバメガイ
Chelidonura
amoena



画像をクリックすると大きな画像とウミウシのデータが表示されます