No.640 2005/7/16 奄美大島・倉崎ビーチ 
天気 晴れ 水温:約 27〜28℃


 倉崎ビーチで潜りました。
 浅瀬はウミウシが減ったため、倉崎としてはやや深めの水深10〜15m付近でウミウシを探します。

 ウミウシはかなり減りましたが、それでも初めて見る サフランイロウミウシに出会えました(妻が見つけました)。
 サフランイロウミウシは5月にも目撃情報があったので、個体数は少ないものの倉崎では春から夏にかけて見られるウミウシのようです。
 今回、「なんかピントが合わないなぁ〜」と思ったら、デジカメのマクロモードがOFFになってました。

 その他、この時期の倉崎では定番になりつつある アカテンイロウミウシ と ノウメア・ラボウトイ も確認できました。

 キイロイボウミウシも確認できました、冬場にはあまりみかけないのですが春から夏にかけてはたまに見かけます。

奄美大島・倉崎ビーチで出会ったウミウシたち

アカテンイロウミウシ Glossodoris cruenta ----- 1個体
サフランイロウミウシ Noumea crocea ----- 1個体
ノウメア・ラボウトイ Noumea laboutei ----- 2個体
キイロイボウミウシ Phyllidia ocellata ----- 1個体
コイボウミウシ Phyllidiella pustulosa ----- 2個体

学名の読み:ノウメア・クロケア サフランイロウミウシ
Noumea
crocea
学名の読み:ノウメア・クロケア サフランイロウミウシ
Noumea
crocea
学名の読み:ノウメア・クロケア サフランイロウミウシ
Noumea
crocea
学名の読み:ノウメア・クロケア サフランイロウミウシ
Noumea
crocea
学名の読み:ノウメア・クロケア サフランイロウミウシ
Noumea
crocea
学名の読み:ノウメア シラユキウミウシ属の1種 または タクアンウミウシ(俗称)
Noumea
sp. 2
学名の読み:ノウメア シラユキウミウシ属の1種 または タクアンウミウシ(俗称)
Noumea
sp. 2



画像をクリックすると大きな画像とウミウシのデータが表示されます