No.638 2005/7/2 奄美大島・倉崎ビーチ 
天気 晴れ 水温:約 27〜28℃


 倉崎ビーチで潜りました。

 6月27日に梅雨が明けてから晴天が続いており、海水温もこの1週間で急上昇したようです。それに伴いウミウシも減ってきてはいるようですが、そこそこ見ることができました。

 見られるウミウシはここ最近のログで紹介したものとほとんど変わりませんが、今日は初めて見るウミウシも確認できました。

 一つは、貝殻を背負った アティス・セミストリアータ(学名読み)と思われる個体です。
 キバカイコガイに似ていますが、頭部の目と目の間に模様がないことや頭楯部にゴマ振り模様が確認できるなど、特徴が異なるため、図鑑・沖縄のウミウシと Sea Slug Forum で調べた結果、アティス・セミストリアータ(学名読み)と判断しました。
 ちなみに、倉崎ビーチでは キバカイコガイ も多数確認しています。

 もう一つは、アデヤカミノウミウシ です。
奄美大島では何度か見ているつもりでいたのですが写真が無く、今回初めて撮影しました。なぜか、ボロボロになった ムラサキカイメン の上に載ってました。

 夏場はウミウシが減るのですが、場所を選べばまだまだ見られるようです。

奄美大島・倉崎ビーチで出会ったウミウシたち

ムラサキウミコチョウ Sagaminopteron ornatum ----- 1個体
アティス・セミストリアータ(学名読み) Atys semistriata ----- 1個体
エリシア・トメントサ(学名読み)の仲間1 Elysia cf. tomentosa ----- 1個体
ヒラミルミドリガイ Elysia trisinuata ----- 2個体
トウアカミドリガイ Thuridilla kathae ----- 1個体
ヨゾラミドリガイ Thuridilla vatae ----- 1個体
クロヘリアメフラシ Aplysia parvula ----- 1個体
カンムリハラックサウミウシ Hallaxa iju ----- 1個体
キカモヨウウミウシ Chromodoris geometrica ----- 1個体
シライトウミウシ Chromodoris magnifica ----- 1個体
アカテンイロウミウシ Glossodoris cruenta ----- 2個体
ミヤコウミウシ Dendrodoris denisoni ----- 1個体
ボンジイボウミウシ Phyllidia exquisita ----- 2個体
タテヒダイボウミウシ Phyllidia varicosa ----- 1個体
コイボウミウシ Phyllidiella pustulosa ----- 5個体
ヒオドシユビウミウシ Bornella anguilla ----- 1個体
アデヤカミノウミウシ Flabellina exoptata ----- 1個体
セスジミノウミウシ Flabellina rubrolineata ----- 1個体

学名の読み:グロッソドーリス クルエンタ アカテンイロウミウシ(異名:アカダマイロウミウシ)
Glossodoris
cruenta
学名の読み:ゴニオブランカス ゲオメトリカ キカモヨウウミウシ
Goniobranchus
geometrica
学名の読み:クロモドーリス マグニフィカ シライトウミウシ
Chromodoris
magnifica
学名の読み:クロモドーリス マグニフィカ シライトウミウシ
Chromodoris
magnifica
学名の読み:フュリッディア バリコサ タテヒダイボウミウシ
Phyllidia
varicosa
学名の読み:フュリッディア エククイシタ ボンジイボウミウシ
Phyllidia
exquisita
学名の読み:フュリッディア エククイシタ ボンジイボウミウシ
Phyllidia
exquisita
学名の読み:フラベッリナ エグゾオプタータ アデヤカミノウミウシ
Flabellina
exoptata
学名の読み:フラベッリナ エグゾオプタータ アデヤカミノウミウシ
Flabellina
exoptata
学名の読み:フラベッリナ ルブロニネアータ セスジミノウミウシ
Flabellina
rubrolineata
学名の読み:エリシア トリシヌアータ ヒラミルミドリガイ
Elysia
trisinuata
学名の読み:アティス・セミストリアータ コクテンタマゴガイ
Atys
semistriata
学名の読み:アティス・セミストリアータ コクテンタマゴガイ
Atys
semistriata



画像をクリックすると大きな画像とウミウシのデータが表示されます