No.637 2005/6/25 奄美大島・倉崎ビーチ 
天気 雨 水温:約 25℃


 今週も倉崎ビーチで潜りました。

 今回もこの時期ならではのウミウシに出会うことができました。
 ノウメア・ラボウトイ(学名読み)です。倉崎ビーチでが個体数は少ないのですが、昨年の6月末と一昨年の7月前半にも同じ倉崎ビーチで確認しいることから、この時期に出現するウミウシのようです。

 今日は アカフチミドリガイ にも出会えました。
ゴクラクミドリガイの仲間が多い倉崎ビーチですが、このウミウシは個体数が少なく今までに数回しか確認していせん。その代わりというわけではないのですが、とても綺麗な色合いのウミウシです。

 その他では、イロウミウシ系が多く、アカテンイロウミウシ や サビウライロウミウシ、キイボキヌハダウミウシ などが確認できました。サビウライロウミウシ はサイズも大きくここ最近特に個体数が多いようです。
 サイズが大きい個体が突然現れると、産卵のために深場から上がってきたのかな?と考えてしまいます。実際、イロウミウシ系の卵塊と思われるものも多数確認できました。

 また、比較的個体数が少ないと思われる ヒュプセロドーリス・エマ(学名読み)も岩のくぼみの奥で確認できましたし、ハイイロイボウミウシ も久しぶりに確認することができました。

奄美大島・倉崎ビーチで出会ったウミウシたち

エンビキセワタ Odontoglaja guamensis ----- 3個体
ムラサキウミコチョウ Sagaminopteron ornatum ----- 1個体
エリシア・トメントサ(学名読み)の仲間1 Elysia cf. tomentosa ----- 3個体
ツノクロミドリガイ Elysia sp. 5. ----- 2個体
シロアミミドリガイ Thuridilla carlsoni ----- 1個体
アカフチミドリガイ Thuridilla hoffae ----- 1個体
キイボキヌハダウミウシ Gymnodoris rubropapulosa ----- 1個体
フジナミウミウシ Chromodoris fidelis ----- 1個体
アカテンイロウミウシ Glossodoris cruenta ----- 1個体
サビウライロウミウシ Hypselodoris purpureomaculosa ----- 1個体
ヒュプセロドーリス・エマ(学名読み) Hypselodoris emma ----- 1個体
ノウメア・ラボウトイ(学名読み) Noumea laboutei ----- 1個体
ハイイロイボウミウシ Phyllidiella granulatus ----- 1個体
コイボウミウシ Phyllidiella pustulosa  ----- 3個体

学名の読み:グロッソドーリス クルエンタ アカテンイロウミウシ(異名:アカダマイロウミウシ)
Glossodoris
cruenta
学名の読み:ヒュプセロドーリス・エマ エマイロウミウシ
Hypselodoris
emma
学名の読み:ヒュプセロドーリス プルプレオマクローザ サビウライロウミウシ
Hypselodoris
purpureomaculosa
学名の読み:ノウメア シラユキウミウシ属の1種 または タクアンウミウシ(俗称)
Noumea
sp. 2
学名の読み:ノウメア シラユキウミウシ属の1種 または タクアンウミウシ(俗称)
Noumea
sp. 2
学名の読み:ノウメア シラユキウミウシ属の1種 または タクアンウミウシ(俗称)
Noumea
sp. 2
学名の読み:ノウメア シラユキウミウシ属の1種 または タクアンウミウシ(俗称)
Noumea
sp. 2
学名の読み:フュリィッディエッラ グラヌラトゥス ハイイロイボウミウシ
Phyllidiella
granulatus
学名の読み:フュリィッディエッラ グラヌラトゥス ハイイロイボウミウシ
Phyllidiella
granulatus
学名の読み:トゥリディラ ホッフアエ アカフチミドリガイ
Thuridilla
hoffae
学名の読み:トゥリディラ ホッフアエ アカフチミドリガイ
Thuridilla
hoffae
学名の読み:サガミノプテロン オルナトゥム ムラサキウミコチョウ
Sagaminopteron
ornatum



画像をクリックすると大きな画像とウミウシのデータが表示されます