No.636 2005/6/18 奄美大島・倉崎ビーチ 
天気 雨 水温:約 24℃


 倉崎ビーチで潜りました。

 今朝から凄い雨で倉崎ビーチには川のようになった泥水が流れ込んでいます。その影響もあり浅瀬は透明度がとても悪く、透明度がやや良い水深8m付近でウミウシを探しました。

 最近はイロウミウシ系が多く、今回も久しぶりに見る ボンボリイロウミウシ と サビウライロウミウシ が確認できました。

 倉崎ではこの時期よく見かける フジナミウミウシ と レンゲウミウシ も確認できました。
 レンゲウミウシ は海綿を摂食中で、イロウミウシ系の種は海綿を食べるといわれていますがレンゲウミウシが海綿を食べているところは初めて観察しました。レンゲウミウシのこのようなシーンは珍しいと思ったので、Sea Slug Forum に投稿したところ、掲載され、ラドマン先生からコメントを頂きました。先生のコメントによると、Mexichromis の他の種も含めてこのような摂食シーンの観察例は少ないようです。

 その他としては、2003年3月以来の シロミノウミウシ にも出会えました。

奄美大島・倉崎ビーチで出会ったウミウシたち

コナユキツバメガイ Chelidonura amoena ----- 2個体
エンビキセワタ Odontoglaja guamensis ----- 3個体
ムラサキウミコチョウ Sagaminopteron ornatum ----- 1個体
ヒラミルミドリガイ Elysia trisinuata ----- 1個体
ヨゾラミドリガイ Thuridilla vatae ----- 1個体
チドリミドリガイ Plakobranchus ocellatus ----- 1個体
クロヘリアメフラシ Aplysia parvula ----- 1個体
クロスジアメフラシ Stylocheilus striatus ----- 2個体
ボンボリイロウミウシ Chromodoris albonares ----- 1個体
フジナミウミウシ Chromodoris fidelis ----- 1個体
サビウライロウミウシ Hypselodoris purpureomaculosa ----- 3個体
レンゲウミウシ Mexichromis multituberculata ----- 1個体
ボンジイボウミウシ Phyllidia exquisita ----- 1個体
コイボウミウシ Phyllidiella pustulosa ----- 3個体
シロミノウミウシ Aeolidiella alba ----- 1個体

学名の読み:ヒュプセロドーリス プルプレオマクローザ サビウライロウミウシ
Hypselodoris
purpureomaculosa
学名の読み:ヒュプセロドーリス プルプレオマクローザ サビウライロウミウシ
Hypselodoris
purpureomaculosa
学名の読み:ヒュプセロドーリス プルプレオマクローザ サビウライロウミウシ
Hypselodoris
purpureomaculosa
学名の読み:ゴニオブランカス フィデリス フジナミウミウシ
Goniobranchus
fidelis
学名の読み:ゴニオブランカス・アルボナレス ボンボリイロウミウシ
Goniobranchus
albonares
学名の読み:ゴニオブランカス・アルボナレス ボンボリイロウミウシ
Goniobranchus
albonares
学名の読み:メキシクロミス マルティトゥベリルクラータ レンゲウミウシ
Mexichromis
multituberculata
学名の読み:フュリィッディエッラ プストゥローザ コイボウミウシ
Phyllidiella
pustulosa
学名の読み:フュリッディア エククイシタ ボンジイボウミウシ
Phyllidia
exquisita
学名の読み:フュリッディア エククイシタ ボンジイボウミウシ
Phyllidia
exquisita
学名の読み:アエオリディエッラ アルバ シロミノウミウシ
Aeolidiella
alba
学名の読み:プラコブランクス オケラットゥス チドリミドリガイ
Plakobranchus
ocellatus
学名の読み:プラコブランクス オケラットゥス チドリミドリガイ
Plakobranchus
ocellatus
学名の読み:ケリドヌラ  アモーエナ コナユキツバメガイ
Chelidonura
amoena
学名の読み:サガミノプテロン オルナトゥム ムラサキウミコチョウ
Sagaminopteron
ornatum



画像をクリックすると大きな画像とウミウシのデータが表示されます