No.626 2005/4/18 奄美大島・倉崎ビーチ 
天気 晴れ 水温:約 22℃


 18日の朝まで所用で東京にいたのですが、倉崎ビーチ南側の浅瀬で、図鑑・本州のウミウシに掲載されている Doto sp.4 が大量に発生しているという妻からの情報を聞き、奄美に戻るなり早速、撮影 & 観察に行ってきました。

 妻の案内で前回見たという場所付近を探しましたが、ヒドロ虫の仲間はあるものの肝心の Doto sp. が見つかりません。どうしたものかとヒドロ虫の表面を今一度よ〜く探してみたら、まず1個体見つけることができました。
 1個体見つけると「あ、ここにも居た」という感じで7個体が確認できました。しかし、この Doto sp.。このようなウミウシがこのような場所に生息しているということをあらかじめ知っていないと見つけるのはかなり困難です。写真ではある程度ウミウシの姿がわかりますが、海中で見ると見事に擬態していて普通に眺めているだけだとウミウシがそこにいることすらわからないかもしれません。

 このウミウシのものと思われる卵塊も確認できました。既に産卵が始まっているということはこの種が確認できるのもあと数日かもしれません。

 今日は Doto sp. をじっくり撮影・観察でき、更に他のウミウシたちもまあまあ確認できて大満足のダイビングでした。


奄美大島・倉崎ビーチで出会ったウミウシたち

エンビキセワタ Odontoglaja guamensis ----- 2個体
コナユキツバメガイ Chelidonura amoena ----- 1個体
チャイロミドリガイ Elysia sp. 4. ----- 1個体
カンランウミウシ Polybranchia orientalis ----- 1個体
ツノクロミドリガイ Elysia sp. 5. ----- 3個体
ハナミドリガイ Thuridilla splendens ----- 2個体
ヨゾラミドリガイ Thuridilla vatae ----- 2個体
カノコウロコウミウシ Cyerce kikutarobabai ----- 1個体
ノトアリモウミウシ Hermaea noto ----- 1個体
チドリミドリガイ Plakobranchus ocellatus ----- 1個体
リュウグウウミウシ Roboastra gracilis ----- 多数
ホソスジイロウミウシ Chromodoris lineolata ----- 1個体
ミヤコウミウシ Dendrodoris denisoni ----- 2個体
ヒオドシユビウミウシ Bornella anguilla ----- 2個体
マツカサウミウシ属の仲間2 Doto sp. 2. ----- 7個体
ハクテンミノウミウシ Flabellina riwo ----- 1個体

学名の読み:デンドロドーリス デニソンイ ミヤコウミウシ
Dendrodoris
denisoni
学名の読み:ドト マツカサウミウシ属の1種2
Doto
sp. 2
学名の読み:ドト マツカサウミウシ属の1種2
Doto
sp. 2
学名の読み:ドト マツカサウミウシ属の1種2
Doto
sp. 2
学名の読み:ドト マツカサウミウシ属の1種2
Doto
sp. 2
学名の読み:フラベッリナ リウォ ハクテンミノウミウシ
Flabellina
riwo
学名の読み:エリシア ツノクロミドリガイ
Elysia
sp. 5
学名の読み:エリシア ロバタ トカラミドリガイ
Elysia
lobata
学名の読み:ハルマエア ノト ノトアリモウミウシ
Hermaea
noto



画像をクリックすると大きな画像とウミウシのデータが表示されます