No.612 2004/11/28 奄美大島・手広ビーチ 
天気 晴時々曇 水温:約 24℃


 今週も手広ビーチで潜りました。
今日は北東の風がやや強く東シナ海側は風波が立ってます。太平洋側ならOKかなと思い行ってみましたが、こちらも小さなうねりが入っています。入るときは小さなうねりでしたが、上がるときにはまあまあのうねりになっていて、これがのちに台風27号になる前の低気圧からのうねりだったようです。しかし12月に台風ですよ・・・先週のログにも書きましたが、今年は台風が多かったためか海藻類がすくなく今後のウミウシの出現具合に影響がないか心配です。

 さて、今日の手広ビーチですが、種数、個体数共に少ないものの先週とはまた違ったウミウシたちを確認することができました。この場所で定番の シンデレラウミウシ と ゾウゲイロウミウシ も確認できたのですがどちらもサイズは小さめでまだ出始めの個体のようです。ゾウゲイロウミウシに関しては体長が5mmあるかないかの大きさで明らかに幼体と思われる個体でした。私自身このサイズの個体は初めて確認しました。

 サキシマミノウミウシ は4個体と多く、奄美大島で見られる通常のサイズでした。

 昨年は12月の後半からウミウシが増えてきましたので、今年もこれからに期待したいところです。

奄美大島・手広ビーチで出会ったウミウシたち

チゴミドリガイ Thuridilla livida ----- 2個体
ハナミドリガイ Thuridilla splendens ----- 2個体
クロスジアメフラシ Stylocheilus striatus ----- 2個体
クロヘリアメフラシ Aplysia parvula ----- 1個体
シライトウミウシ Chromodoris magnifica ----- 1個体
ヒメコモンウミウシ Chromodoris rufomaculata ----- 1個体
シンデレラウミウシ Hypselodoris apolegma ----- 1個体
ゾウゲイロウミウシ Hypselodoris bullocki ----- 1個体
フリエリイボウミウシ Fryeria menindie ----- 1個体
コイボウミウシ Phyllidiella pustulosa ----- 1個体
サキシマミノウミウシ Flabellina bicolor ----- 4個体
ハクテンミノウミウシ Flabellina riwo ----- 1個体

学名の読み:クロモドーリス マグニフィカ シライトウミウシ
Chromodoris
magnifica
学名の読み:クロモドーリス マグニフィカ シライトウミウシ
Chromodoris
magnifica
学名の読み:ヒュプセロドーリス アポレグマ シンデレラウミウシ
Hypselodoris
apolegma
学名の読み:ヒュプセロドーリス ブロックイ ゾウゲイロウミウシ(新参異名:ハダイロウミウシ)
Hypselodoris
bullocki
学名の読み:フュリィッディオポシス ストリアータ シロウネイボウミウシ
Phyllidiopsis
striata
学名の読み:フリエリア・ピクタ フリエリイボウミウシ
Fryeria
picta
学名の読み:フラベリーナ・マカッサラーナ サキシマミノウミウシ
Flabellina
macassarana
学名の読み:スティロケイラス ストリアトゥス クロスジアメフラシ
Stylocheilus
striatus



画像をクリックすると大きな画像とウミウシのデータが表示されます