No.605 2004/08/08 奄美大島・倉崎ビーチ 
天気 晴れ 水温:約 29℃


 倉崎ビーチで潜りました。
 8月は島内の行事が多くなかなか潜る時間が作れずに二週間ほどのご無沙汰です。
 当初、太平洋側の土盛ビーチへ行く予定でしたが、台風13号からのうねりが既に届いており東シナ海側の倉崎ビーチにしました。

 しかしウミウシ減りましたね〜太平洋側の潮通しが良い場所に行けばもっと確認できると思いますが、比較的湾の奥に位置する倉崎では海藻類の減少と共にウミウシもだいぶ減ったように感じました。それでもこの時期にしか見られないウミウシも居ると思いますので地道にもぐらなければダメですね。

 それでも魚類がとても多く、今日は久しぶりに ヒレナガネジリンボウ の写真も撮りました。
 その他、クマノミ と ハマクマノミ があちこちに確認できたり、チョウチョウウオの仲間も多種確認できました。たまにはフィッシュウオッチングも良いですね。

 ウミウシとしては、倉崎ビーチで多く確認できる種がなんとか見ることができたという程度です。
 普段多い種なので見てもじっくり観察したり撮影することがあまりなかったのですが、今日はじっくり撮影して観察しました。

奄美大島・倉崎ビーチで出会ったウミウシたち

センテンイロウミウシ Hypselodoris maculosa ----- 1個体
コイボウミウシ Phyllidiella pustulosa ----- 1個体
シロウネイボウミウシ Phyllidiopsis striata ----- 1個体
ツノクロミドリガイ Elysia sp. ----- 1個体
エンビキセワタ Odontoglaja guamensis ----- 3個体
キバカイコガイ? Diniatys cf. dentifer ----- 1個体
ヒラミルミドリガイ Elysia trisinuata ----- 1個体

学名の読み:ヒュプセロドーリス マクローザ センテンイロウミウシ
Hypselodoris
maculosa
学名の読み:ヒュプセロドーリス マクローザ センテンイロウミウシ
Hypselodoris
maculosa
学名の読み:フュリィッディエッラ プストゥローザ コイボウミウシ
Phyllidiella
pustulosa
学名の読み:フュリィッディエッラ プストゥローザ コイボウミウシ
Phyllidiella
pustulosa
学名の読み:フュリィッディオポシス ストリアータ シロウネイボウミウシ
Phyllidiopsis
striata
学名の読み:フュリィッディオポシス ストリアータ シロウネイボウミウシ
Phyllidiopsis
striata
学名の読み:エリシア ツノクロミドリガイ
Elysia
sp. 5
学名の読み:エリシア ツノクロミドリガイ
Elysia
sp. 5
学名の読み:オドントグラヤ グアムエンシス エンビキセワタ
Odontoglaja
guamensis



画像をクリックすると大きな画像とウミウシのデータが表示されます