No.577 2004/01/14 奄美大島・手広ビーチ 
天気:曇時々晴 水温:約 20〜21℃


 今日も手広ビーチで潜ってきました。
 北風が強く南向きの手広ビーチは凪てます。
 湾内はベタ凪、沖の根もうねりは小さくなってます。

 今日は妻が嬉しいウミウシを3種見付けてくれました。

 まずは、白いミノウミウシの仲間でサイズが小さいため、肉眼で見るとミノの部分は真っ白に見えます。
 撮影するとミノの先端部分に黄色い輪が確認できました。
 特徴がハッキリしているので、すぐに調べられるかな?と思いましたが該当する種が見付かりません。
 形状などから Cuthona 属 のウミウシと思われますが、確信がないため不明種(AEOLIDINA sp. 14.)としました。

 白いミノウミウシの撮影にてこずっているとまた別のウミウシを探し出してくれました(小さくて白いウミウシは撮影が難しいのですよ・・・)。
 体長1cmほどのちょっと大きめな Eubranchus の仲間です。
 このウミウシもまた、普通に撮影してしまうと背景に溶け込んでしまい、なにがなんだかわからなくなってしまいます。
 他のダイバーが見たら「何やってんだ!?」と思うような体制でなんとか撮影しました。
 このウミウシを調べたところ、Sea Slug Forum の Eubranchus rubropunctatus に形状・色彩共に一致します。
 全体的には地味な色合いなのですが、ミノの先端部の色彩が鮮やかで、体の色と相反してよりいっそう映えますね。
 似たようなウミウシを西伊豆の大瀬崎や北陸の越前でも確認しているのですが、触角の形状が明らかに異なります(触角に突起が無いのです)。

 Eubranchus rubropunctatus を撮影している間にまた別のウミウシを探してきてくれました。
 そのウミウシがなんと、昨年の3月に倉崎ビーチで確認して以来、「センヒメウミウシ属の仲間? Aegires ?」−−>「カラジシウミウシの仲間 Janolus cf. mirabilis」−−>「コヤナギウミウシ科の仲間2 Janolus sp. 2.」といった段階で調査中のウミウシでした。
 倉崎で見た時点で、その特異な姿からかなり珍しいウミウシでたぶんもう二度と出会えないだろうと思っていましたが、倉崎の反対側、太平洋側の手広で出会えるとは夢にも思っていませんでした。
 今回は念入りに撮影することにします!
 しかし、サイズが小さく、それでいて突起部が多いことから撮影は簡単ではありません(体長は尾の先まで入れて6mm位です)。
 全ての部位にピントを合わせるのは私には不可能で、とにかく色々な角度から撮影しました。
 また、このウミウシは動きに特徴があり、その動きは、うっしーずのyamadaさんがおしえてくださったカラジシウミウシの動きおよび、Sea Slug Forum に掲載されているJanolus mirabilis(カラジシウミウシ)の動きに一致します。
 今回はデジカメのムービーモードでも記録しました。
 これらの記録を元に更に調査を進めたいと思います。

 と、いうことで今回はこの3種類のウミウシの観察・撮影となってしまいましたが、その他のウミウシも多数確認できました。

奄美大島・手広ビーチで出会ったウミウシたち

コヤナギウミウシ科の仲間2 Janolus sp. 2. ----- 1個体
エウブランクス・ルブロプンクタートゥス(学名読み) Eubranchus rubropunctatus ----- 1個体
ミノウミウシ亜目の仲間14 AEOLIDINA sp. 14. ----- 1個体
ニシキツバメガイ Chelidonura hirundinina ----- 多数
オウカンウミウシ Polycera japonica ----- 2個体
エンビキセワタガイ Odontoglaja guamensis ----- 2個体
ウデフリツノザヤウミウシ Thecacera pacifica ----- 2個体
センテンイロウミウシ Hypselodoris maculosa ----- 2個体
ホシゾラウミウシ Hypselodoris infucata ----- 1個体
シンデレラウミウシ Hypselodoris apolegma ----- 1個体
ゾウゲイロウミウシ Hypselodoris bullocki ----- 2個体
ゴマフリイロウミウシ Chromodoris aspersa ----- 1個体
セトイロウミウシ Chromodoris decora ----- 2個体
モザイクウミウシ Halgerda tesselata ----- 1個体
サキシマミノウミウシ Flabellina bicolor ----- 多数
ネアカミノウミウシ Cratena cf. affinis ----- 2個体
ハクセンミノウミウシ Cratena lineata ----- 1個体
ムカデミノウミウシ Pteraeolidia ianthina ----- 多数
コイボウミウシ Phyllidiella pustulosa ----- 1個体
ガストロプテロンの仲間4 Gastropteron ? sp. 4 ----- 4個体
ハナミドリガイ Thuridilla splendens ----- 多数
チゴミドリガイ Thuridilla livida ----- 多数
ツノクロミドリガイ Elysia sp. 5. ----- 多数
コノハミドリガイ Elysia ornata ----- 多数
ヨゾラミドリガイ Thuridilla vatae ----- 5個体
エリシア・トメントサ(学名読み)の仲間1 Elysia cf. tomentosa ----- 2個体
トカラミドリガイ Elysia lobata ----- 1個体

学名の読み:ハルゲルダ テッセラータ モザイクウミウシ
Halgerda
tessellata
学名の読み:ヒュプセロドーリス ブロックイ ゾウゲイロウミウシ(新参異名:ハダイロウミウシ)
Hypselodoris
bullocki
学名の読み:ヤノルス カラジシウミウシ
Janolus
mirabilis
学名の読み:ヤノルス カラジシウミウシ
Janolus
mirabilis
学名の読み:ヤノルス カラジシウミウシ
Janolus
mirabilis
学名の読み:ヤノルス カラジシウミウシ
Janolus
mirabilis
学名の読み:ヤノルス カラジシウミウシ
Janolus
mirabilis
学名の読み:ヤノルス カラジシウミウシ
Janolus
mirabilis
学名の読み:エウブランクス ルブロプンクタートウス エウブランクス ルブロプンクタートゥス(学名読み)
Eubranchus
rubropunctatus
学名の読み:エウブランクス ルブロプンクタートウス エウブランクス ルブロプンクタートゥス(学名読み)
Eubranchus
rubropunctatus
学名の読み:エウブランクス ルブロプンクタートウス エウブランクス ルブロプンクタートゥス(学名読み)
Eubranchus
rubropunctatus
学名の読み:エウブランクス ルブロプンクタートウス エウブランクス ルブロプンクタートゥス(学名読み)
Eubranchus
rubropunctatus
学名の読み:エウブランクス ルブロプンクタートウス エウブランクス ルブロプンクタートゥス(学名読み)
Eubranchus
rubropunctatus
学名の読み:クトナ アオセンミノウミウシ
Cuthona
sp. 6
学名の読み:アエオリディダ ミノウミウシ小目の不明種14
Aeolidida
sp. 14
学名の読み:アエオリディダ ミノウミウシ小目の不明種14
Aeolidida
sp. 14
学名の読み:アエオリディダ ミノウミウシ小目の不明種14
Aeolidida
sp. 14
学名の読み:アエオリディダ ミノウミウシ小目の不明種14
Aeolidida
sp. 14



画像をクリックすると大きな画像とウミウシのデータが表示されます