No.553〜556 2003/12/12 奄美大島・4丁目 カメドロ(太平洋側ボートポイント)
天気:曇り 水温:約 22〜23℃


 今日は、太平洋側のボートポイントでウミウシを探しました。
 奄美大島の太平洋側で潜るのは初めてですし、今回はポイント調査の為、数箇所のポイントをボートで移動しながら短い時間で潜るというスタイルです。
 「ウミウシを見付けられるかな?」と、ちょっと不安でしたが、エントリーした瞬間にそんな不安は吹き飛びました。
 白い砂地に点在する大きめな根は、岩の表面が八丈島のような雰囲気です。これでウミウシが居ないわけがありません。すぐにウミウシを見付けることができました。

 ミドリガイ系は ハナミドリガイ だけと種類は少なかったのですが、個体数を多かったです。

 ミノウミウシ系は比較的多かったです。
 サキシマミノウミウシ が一番多く、同じ Flabellina属の セスジミノウミウシ、ハクテンミノウミウシも複数個体確認できました。
 「サキシマミノウミウシ のようだけどなんか雰囲気が違うな?」と思われる個体もいました。
 後で確認してみたところ、ミノの模様や触角の形状および模様が サキシマミノウミウシ とは明らかに異なります。
 調べてはみたのですが、外観の特徴に一致する種がみつかりません。
 Flabellina sp. と登録しようかとも考えたのですが、今ひとつ確信が持てなかった為、ミノウミウシ亜目の仲間12 AEOLIDINA sp. 12. として登録しました。

 小さいなミノウミウシの仲間で水中でも黄色が鮮やかに確認できる個体がいました。
 撮影して確認してみたところ、「ウミウシガイドブック 沖縄・慶良間諸島の海から」に記載されている、アオセンミノウミウシ Cuthona sp.1 のようです。初めて見たのでとても嬉しかったのと「嗚呼、沖縄のすぐ近くで潜っているんだな」と実感しました。

 初めてみるウミウシといえば、とても嬉しい出会いがありました。
 そのウミウシは キマダラウミコチョウ Siphopteron tigrinum です。
 伝言板にも投稿されたことがあり「いつか自分も見てみたいな」と思っていたウミウシです。
 奄美大島ならいつか出会えるとは思っていたのですが、こんなに早く出会えるとは思ってもいませんでした。
 1本30分位の短い潜水時間だったのですが、この個体の撮影・観察に15分も使ってしまいました。
 キマダラウミコチョウ ですが、泳ぐかな?と思い水中に漂わせてみましたが、まったく泳ぐようなしぐさはしませんでした。そのまま岩の上に着低して這っていきました。

 ミドリアマモウミウシ Placida dendritica も今回初めて見ましたが、ちょうど上がり際に見付けてしまったため、詳細な撮影と観察を行うことはできませんでした。

 ソフトコーラルも所々に見られるポイントなのですが、期待通り、ソフトコーラルを食べる種類のウミウシも確認できました。ムロトミノウミウシ Phyllodesmium macphersonae です。
 八丈島ではよく見るウミウシなのですが、奄美大島で見ると嬉しさも格別ですね。

 今回、私はアンカーが確認できる水深10m付近の根でウミウシを捜しました。結果、イロウミウシ系はあまり確認できませんでしたが、もう少し水深を落とした場所も調査した方がよさそうです。
 今回確認できたイロウミウシ系は、コールマンウミウシ と センテンイロウミウシの幼体でした。センテンイロウミウシの幼体は体長5mmほどの個体が2個体確認できました。これから成長するにしたがって普通に目に付くサイズの個体が多く見られるような予感がします。

 そのほかでは、ネアカミノウミウシ Cratena cf. affinis、ツノキイボウミウシ、コイボウミウシ が確認できました。

 今回は短い潜水時間の中、ウミウシ探し半分、撮影半分といった状態でしたが、それで、多くの種と個体を確認できました。
 もっと時間をかけて広範囲に探せはより多くの種が確認できると思います。とにかくウミウシの多そうな海でした。

奄美大島・倉崎ビーチで出会ったウミウシたち

ハナミドリガイ Thuridilla splendens ----- 多数
サキシマミノウミウシ Flabellina bicolor ----- 4個体
ミノウミウシ亜目の仲間12 AEOLIDINA sp. 12. ----- 1個体
コールマンウミウシ Chromodoris colemani ----- 1個体
センテンイロウミウシの幼体 Hypselodoris maculosa juv. ----- 2個体
セスジミノウミウシ Flabellina rubrolineata ----- 2個体
ハクテンミノウミウシ Flabellina riwo ----- 2個体
アオセンミノウミウシ Cuthona sp. 6. ----- 1個体
ムロトミノウミウシ Phyllodesmium macphersonae ----- 1個体
ネアカミノウミウシ Cratena cf. affinis ----- 2個体
モザイクウミウシ Halgerda tesselata ----- 2個体
ミドリアマモウミウシ Placida dendritica ----- 1個体
キマダラウミコチョウ Siphopteron tigrinum ----- 1個体
ツノキイボウミウシ Phyllidia elegans ----- 1個体
コイボウミウシ Phyllidiella pustulosa ----- 2個体

学名の読み:ハルゲルダ テッセラータ モザイクウミウシ
Halgerda
tessellata
学名の読み:ハルゲルダ テッセラータ モザイクウミウシ
Halgerda
tessellata
学名の読み:ヒュプセロドーリス アオウミウシ属の1種1
Hypselodoris
sp. 1
学名の読み:クロモドーリス エリザベティーナ キベリクロスジウミウシ(新参異名:エリザベスウミウシ)
Chromodoris
elisabethina
学名の読み:フュリッディア エレガンス ツノキイボウミウシ
Phyllidia
elegans
学名の読み:フラベッリナ・ビカラー ケラマミノウミウシ
Flabellina
bicolor
学名の読み:フラベッリナ ルブロニネアータ セスジミノウミウシ
Flabellina
rubrolineata
学名の読み:フラベッリナ ルブロニネアータ セスジミノウミウシ
Flabellina
rubrolineata
学名の読み:フラベッリナ リウォ ハクテンミノウミウシ
Flabellina
riwo
学名の読み:クラテナ アフィニス ネアカミノウミウシ
Cratena sp.
cf. affinis
学名の読み:フィロデスミウム マクファーソンアエ ムロトミノウミウシ
Phyllodesmium
macphersonae
学名の読み:フィロデスミウム マクファーソンアエ ムロトミノウミウシ
Phyllodesmium
macphersonae
学名の読み:フィロデスミウム マクファーソンアエ ムロトミノウミウシ
Phyllodesmium
macphersonae
学名の読み:クトナ アオセンミノウミウシ
Cuthona
sp. 6
学名の読み:クトナ アオセンミノウミウシ
Cuthona
sp. 6
学名の読み:アエオリディダ ミノウミウシ小目の不明種12
Aeolidida
sp. 12
学名の読み:アエオリディダ ミノウミウシ小目の不明種12
Aeolidida
sp. 12
学名の読み:エルコラニア・サブビリディス ウスミドリモウミウシ
Ercolania
subviridis
学名の読み:エルコラニア・サブビリディス ウスミドリモウミウシ
Ercolania
subviridis
学名の読み:シポプテロン チグリヌム キマダラウミコチョウ
Siphopteron
tigrinum
学名の読み:シポプテロン チグリヌム キマダラウミコチョウ
Siphopteron
tigrinum
学名の読み:シポプテロン チグリヌム キマダラウミコチョウ
Siphopteron
tigrinum



画像をクリックすると大きな画像とウミウシのデータが表示されます