No.538 2003/11/8 山口県・青海島 (おうみじま)船越 1本目
天気:晴 水温:約23℃


 奄美大島への移住旅行最初の立ち寄り場所、瀬戸臨海実験所を後にして、まずは大阪まで移動しました。
 妻の希望により、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(U.S.J.)で1日遊ぶためです(実験所にはあまり興味がなかったのに付き合ってくれた妻へのプレゼントですね)。
 オフィシャルホテルに一泊して、翌日は U.S.J.です。まだ11月ですが、U.S.J.はクリスマスのディスプレイになってました。それでもこの日はかなり暖かい陽気で、私はTシャツに短パンです。
 私は2回目(以前、社員旅行で来ました)だったので、大体の要領はつかんでました。ジュラシックパークは油断してるとけっこー濡れます。ジョーズはあまり濡れないはずだったのですが、今回私が座った場所はちょうど、ジョーズが襲い掛かってくる場所だったのです。
私の真横、水面から浮かび上がってくるジョーズ・・・その次の瞬間、私はほぼ全身ずぶぬれになりました。前の席のおばちゃん二人組みには指差して笑われるし、担当のスタッフは予想以上の(マニュアルにはないような)私のズブ濡れ具合を見て、どうしてよいかわからないような、「濡れましたかぁ〜濡れちゃいましたねぇ〜(微苦笑)」と妙な呼びかけになってました・・・それでも不幸中の幸いで天気が良かったため、帰るまでにはほとんど乾きました(靴は最後までグショグショでしたが)。

 U.S.J を出てから、山口県まで一気に夜間走行で移動しました。
 山口県に入ると「おいでませ山口へ」の看板が見えてきました。山口県といえば青海島、おうみじまといえば、たかやんさんです。
 たかやんさんに青海島で潜りたいとメールしたところ、こころよくガイド役を引き受けてくださいました。
 ネット上ではよく知る、たかやんさんなのですが、実際にお会いするのははじめてです。待ち合わせ場所の船越に現れたたかやんさんは、映画・レオンで有名な俳優のジャン・レノのような方でした。
 2日間、青海島で潜ったのですが、終始VIP待遇でして、たかやんさんには本当に感謝しております。この恩返しは奄美大島でということで、いつか、たかやんさんには奄美に遊びに来ていただきたいと思っています。

 青海島初日は、船越というポイントで潜ります。
 たかやんさんが可能な限り毎週潜っているポイントで、いまなら「ジボガウミウシ」と「ミチヨミノウミウシ」がほぼ確実に見られるとのことです。私は両方のウミウシ共にまだ出会ったことがないので、とても楽しみです。
 エントリー場所から見た海面は若干のうねりが入っているようです。それでも西伊豆・大瀬崎の湾内の砂浜のような場所からのエントリーは楽なものです。
 若干沖のポイントのため、少し水面移動して潜行します。入ってしまえはうねりは無くなるかな?と思っていたのですが、底うねりだったようで、予想以上のうねり具合でした。
それでも、サスガ地元ダイバーのたかやんさんです。確実に「ジボガウミウシ」と「ミチヨミノウミウシ」を見せていただきました。
撮影はかなりキツイものがありましたが、たかやんさんのサポートできっちり記録することもできました。
 この2種類を見ることができ、私は大満足です。後はうねりの中を移動しながら他のウミウシも可能な範囲で撮影しました。
 アオウミウシも2個体いたのですが、うねりに耐え切れず撮影しなかったのがちょっと心残りではありました。
 以前、たかやんさんのサイトのダイブニュースにもあった「スミゾメミノウミウシ」にも出会えました。かなり赤っぽい個体で、今までにあまり見ないタイプです。
 サメジマオトメウミウシも2個体確認しましたが、色素が薄いのか、一見別種と思うような雰囲気の個体でした(その場では別種かな?と話しましたが、よく比較すると色素が薄いだけの個体のようです)。

 じっくり探せばウミウシが沢山見つかりそうな、たかやんさんお勧めの「カベ」があるのですが、今回はうねりのため思うようには探せませんでした。この壁ですが、越前でも似たような壁があってウミウシが沢山着いてます。見るからにウミウシが居そうな雰囲気ですが、明日もあるということで今日はあきらめました。

 このログの中で「ミチヨミノウミウシ」としているウミウシについてですが、この名称が出典されたのは「ウミウシガイドブック2」からと記憶してます。
ガイドブックの中では「Flabellina sp.3」に対する和名ですが、今回、当サイトに登録するにあたっては、Sea Slug Forum の画像と比較検討した結果、学名を「Cuthona sibogae」としました。
その際に和名をどうするか悩んだのですが、「学名読み」と「ミチヨミノウミウシ」という和名との二重表記にしました。
 今後の調査や新しく発刊される図鑑の記載次第では当サイトでの名称も変更になる可能性もありますことをご了承ください。


青海島・船越で出会ったウミウシたち

クトナ シボグアエ(ミチヨミノウミウシ?)Cuthona sibogae ---- 5個体
ジボガウミウシ Glossodoris misakinosibogae ---- 4個体
サメジマオトメウミウシ Dermatobranchus striatellus ---- 2個体
スミゾメミノウミウシ Protaeolidiella atra ---- 1個体
キイロイボウミウシ Phyllidia ocellata ---- 1個体
アオウミウシ Hypselodoris festiva ---- 2個体(写真なし)




No.539 2003/11/8 山口県・青海島(おうみじま)船越 2本目
天気:晴 水温:約23℃


 一本目を上がって、たかやんさんの知り合いのダイバーに紹介していただいたり、海沿いに設けられたテーブルベンチでのんびりとお話することができました。

 二本目も船越で潜ります。一本目の場所よりも手前側の浅い場所にある洞窟までいきます。
ここも、たかやんさんのサイトのダイブニュースによく出る場所で、ウミウシが多い場所です。
 途中、一本目の上がり際に見たのと同じ個体と思われる「キイロイボウミウシ」を見ながら洞窟まで進みます。
 洞窟に到着すると、そこはまるで、西伊豆・浮島の「ドラゴンホール」のような場所でした。と、いうことは、知っている方は想像がつくと思いますが、やはりウミウシが居そうな雰囲気の場所です。
しかし、ここもうねりが強く、どんつきの洞窟の中ではうねりも倍増されてウミウシ探しは難しく、見付けても撮影はほぼ不可能な状態です。
 強いうねりの中、たかやんさんが比較的大きな「キイロウミウシ」を見つけてくださいました。なんとか撮影して洞窟を出ることにします。

 洞窟を出た後はなるべくうねりが少ない場所を選んでウミウシを探しました。
 あまりウミウシを見つけることはできませんでしたが、それでも、カンザシウミウシのペア、Gymnodoris sp. 、クロヘリアメフラシを確認することができました。
 Gymnodoris sp. については、キヌハダモドキの可能性も考えられますが、以前に同じような個体を南伊豆・下田の潮溜まりや、西伊豆・大瀬崎で確認しています。それらの個体と同じく頭部の形状がキヌハダモドキとは異なると感じたため今回の個体も Gymnodoris sp. としました。

 私もたかやんさんも徹夜明けですし、明日もあるので、今日は早めに上がり宿でゆっくり休むことにしました。


青海島・船越で出会ったウミウシたち

キイロイボウミウシ Phyllidia ocellata ---- 1個体
キイロウミウシ Glossodoris atromarginata ---- 1個体
カンザシウミウシ Limacia ornata ---- 1個体
キヌハダウミウシ属の仲間4 Gymnodoris sp. 4. ---- 1個体
クロヘリアメフラシ Aplysia parvula ---- 1個体

学名の読み:グロソドーリス アトロマルギナータ キイロウミウシ
Glossodoris
atromarginata
学名の読み:グロッソドーリス ミサキノシボガエ ジボガウミウシ
Glossodoris
misakinosibogae
学名の読み:グロッソドーリス ミサキノシボガエ ジボガウミウシ
Glossodoris
misakinosibogae
学名の読み:リマキア オルナータ カンザシウミウシ
Limacia
ornata
学名の読み:ジムノドーリス・スボルナタ ヒメキヌハダウミウシ?
Gymnodoris
cf. subornata
学名の読み:フュリッディア オセラータ キイロイボウミウシ
Phyllidia
ocellata
学名の読み:デルマトブランクス ストリアテルス サメジマオトメウミウシ
Dermatobranchus
striatellus
学名の読み:デルマトブランクス ストリアテルス サメジマオトメウミウシ
Dermatobranchus
striatellus
学名の読み:プロタエオリディエッラ アトラ スミゾメミノウミウシ または セスジスミゾメミノウミウシ
Protaeolidiella
atra
学名の読み:クトナ シボグアエ ミチヨミノウミウシ
Cuthona
sibogae
学名の読み:クトナ シボグアエ ミチヨミノウミウシ
Cuthona
sibogae
学名の読み:クトナ シボグアエ ミチヨミノウミウシ
Cuthona
sibogae
学名の読み:アプリュジア パルウラ クロヘリアメフラシ
Aplysia
parvula



画像をクリックすると大きな画像とウミウシのデータが表示されます