No.533 2003/09/06 伊豆・大瀬崎 湾内(1本目)
天気:晴れ 水温:25℃


 大瀬崎に行ってきました(ログ遅くなりました)。
 今日は、妻と地元のダイビング仲間と3名です。
 地元の中はオールマイティなダイビングスタイルなので、ウミウシオンリーでも喜んで一緒に潜ってくれます。
 大瀬崎まで行く途中沼津付近は海が静かだったのですが、大瀬崎に着いてみると風が強く岬の先端と湾内の水面は荒れ気味です。
 外海を見に行くと風向きの関係でかなり静かです。では、外に入りましょうと提案しましたが妻と友人に却下されてしまいました(エントリー場所のゴロタが嫌なのですって・・・)
 湾内は水深1m付近浅瀬では、磯の潮溜りで見られるような種類のウミウシが見られるようですが、今日の浅瀬は風波が立っていてウミウシ探しは無理そうです。
 と、いうことで、水深25m付近にあるケイソンという船を係留するロープを止めるコンクリートブロックまで行ってみることにしました。
 このブロックには数の多い少ないはありますが、いつも何かしらウミウシが付いています。
 水深が深めなので、途中寄り道をしないでいっきにケイソンブロックまで行きます。15分位探しましたが、ウミウシは少なめでした。
 それでも、大瀬崎・湾内ではよく見られる「ミツイラメリウミウシ Diaphorodoris mitsuii」と、私ははじめて見ましたが、過去にマリンサービスみやもとの栗原さんが確認している「Trapania sp.」がいました。
 Trapania sp. は5mmあるかないかの小さな個体でしたが、もう少し大きくなる種のようです。
 妻は、小さな「フジエラミノウミウシ Cuthona ornata」を撮影してました。
 友人は、トラギスの上下に跳ねる奇妙な行動をじっと観察してました(私も確認しましたが、初めてみるトラギスの行動でした)。
 浅瀬に戻ってからは、カラッパの仲間やボラの群れなどウミウシ以外でも面白かったです。

伊豆・大瀬崎 湾内 で出会ったウミウシたち(1本目)

ミツイラメリウミウシ Diaphorodoris mitsuii ---- 1個体
ネコジタウミウシ科の仲間 Trapania sp. ---- 1個体
フジエラミノウミウシ Cuthona ornata ---- 1個体



No.534 2003/09/25 大瀬崎 岬の先端(2本目)
天気:晴れ 水温:25℃


 昼食をとって休憩していると、朝から吹いていた風がだいぶおさまってきました。
 岬の先端の方を見てみると、水面は今朝ほど波立ってません。ということで、2本目は岬の先端に潜ることにしました。
 ここもこの時期浅瀬が面白いのですが、ちょうどこの時間は引き潮のようで水深が浅すぎて浅瀬でのウミウシ探しは厳しそうです。
 入って直ぐの浅瀬では「アカボシツバメガイ Chelidonura fulvipunctata」が多数いましたが、浅すぎて撮影はできませんでした。「オトメミドリガイ Elysia obtusa」も3個体確認できました。

 とりあえず浅瀬はあきらめて、水深10m付近まで行くことにしました。
 「ヤマトワグシミノウミウシ Baeolidia japonica」、「チゴミノウミウシ Favorinus japonicus」、「ツルガチゴミノウミウシ Favorinus tsuruganus」など、前回(9/6)に見たウミウシたちがいました。
 特に、チゴミノウミウシは個体数が多く、ミノの色彩も色さまざまな個体がいました(ミノの色彩が異なるのは餌として食べたウミウシの卵の種類によるものですね)。
 しかし、チゴミノウミウシは移動速度が速かったです。撮影は難しいですね。

 妻は「シロミノウミウシ Aeolidiella alba」と「ハクセンミノウミウシ Cratena lineata」も撮影していました。
 このハクセンミノウミウシは体に白い線が無い個体で、普通の個体とはちょっと変わってますが、ハクセンミノウミウシのバリエーションとなるようです。過去に下田の潮溜まりなどで確認してます。

 妻が体長2cmほどの「セトイロウミウシ Chromodoris decora」を見つけました。
 これには友人も大喜びだったようで、夢中になってデジカメで撮影していました。
 ほぼ同時に妻が体長10mmみ満たない小さな「コネコウミウシ Goniodoris joubini」も見付けたのですが、肉眼で見ると地味なウミウシなので友人は興味を示しませんでした。撮影すると、とてもキレイなウミウシなのですがね〜。

 それほど大きくない石の裏に、3種類のウミウシが付いていました。
 一つは明らかに「シミツキウミウシ Discodoris lilacina」なのですが、その他がよくわかりません。
 どちらも黄色い海綿のようなウミウシなのですが、現在のところ不明種としました。
 不明種のうち1つについては、撮影中「黄色いシミツキウミウシ?」と思っていたのですが、触角の形状や背面に現れる模様の雰囲気が異なるようです。この種はほんと難しいです。

 「キヌハダモドキ Gymnodoris citrina」は白い個体とオレンジ色の個体がいました。

 2時間近く潜っている間に潮も上げてきたようです。
 妻が浅瀬で「ヒカリウミウシ Plocamopherus tilesii」と「ユビウミウシ Bornella stellifer」を撮影していました。
 その間私は、久しぶりに出会った「Palio sp.」にはまってました。
 小さな個体が2個体一緒にいました。撮影しているとお互いバラバラに移動し始めたのですが、しばらく観察しているとまた同じ場所に戻ってきて最後は寄り添ってました。

 今回は浅瀬をじっくり探せなかったのですが、そのわりにはいろいろ見れたので楽しかったです。

伊豆・大瀬崎 岬の先端 で出会ったウミウシたち(2本目)

アカボシツバメガイ Chelidonura fulvipunctata ---- 多数
オトメミドリガイ Elysia obtusa ---- 3個体
ヤマトワグシミノウミウシ Baeolidia japonica ---- 1個体
チゴミノウミウシ Favorinus japonicus ---- 多数
ツルガチゴミノウミウシ Favorinus tsuruganus ---- 2個体
シロミノウミウシ Aeolidiella alba ---- 1個体
ハクセンミノウミウシ Cratena lineata ---- 2個体
セトイロウミウシ Chromodoris decora ---- 1個体
コネコウミウシ Goniodoris joubini ---- 1個体
シミツキウミウシ Discodoris lilacina ---- 3個体
ドーリス亜目の不明種 DORIDACEA sp. ---- 3個体
キヌハダモドキ Gymnodoris citrina ---- 2個体
エビスウミウシ属の仲間 Palio sp. ---- 2個体
ヒカリウミウシ Plocamopherus tilesii ---- 1個体
ユビウミウシ Bornella stellifer ---- 1個体

学名の読み:タユバ・リラキナ ツヅレウミウシ(異名:シミツキウミウシ)
Tayuva
lilacina [Syn. D. concinna]
学名の読み:タユバ・リラキナ ツヅレウミウシ(異名:シミツキウミウシ)
Tayuva
lilacina [Syn. D. concinna]
学名の読み:タユバ・リラキナ ツヅレウミウシ(異名:シミツキウミウシ)
Tayuva
lilacina [Syn. D. concinna]
学名の読み:ドリディダエ ドーリス科の1種2
DORIDIDAE
sp. 2
学名の読み:ドリディダエ ドーリス科の1種3
DORIDIDAE
sp. 3
学名の読み:ドリディダエ ドーリス科の1種3
DORIDIDAE
sp. 3
学名の読み:ゴニオブランカス デコラ セトイロウミウシ
Goniobranchus
decora
学名の読み:ゴニオドーリス ヨウビンイ コネコウミウシ
Goniodoris
joubini
学名の読み:ゴニオドーリス ヨウビンイ コネコウミウシ
Goniodoris
joubini
学名の読み:ゴニオドーリス ヨウビンイ コネコウミウシ
Goniodoris
joubini
学名の読み:トラパニア ツルガウミウシ属の1種2
Trapania
sp. 2
学名の読み:トラパニア ツルガウミウシ属の1種2
Trapania
sp. 2
学名の読み:トラパニア ツルガウミウシ属の1種2
Trapania
sp. 2
学名の読み:ディアポロドーリス ミツイイ ミツイラメリウミウシ
Diaphorodoris
mitsuii
学名の読み:ディアポロドーリス ミツイイ ミツイラメリウミウシ
Diaphorodoris
mitsuii
学名の読み:プロカモペルス テレシイ ヒカリウミウシ
Plocamopherus
tilesii
学名の読み:プロカモペルス テレシイ ヒカリウミウシ
Plocamopherus
tilesii
学名の読み:ポリュケラ フジタウミウシ属の1種4
Polycera
sp. 4
学名の読み:ポリュケラ フジタウミウシ属の1種4
Polycera
sp. 4
学名の読み:ポリュケラ フジタウミウシ属の1種4
Polycera
sp. 4
学名の読み:ジムノドーリス・キトリナ キヌハダモドキ
Gymnodoris
citrina
学名の読み:ジムノドーリス・キトリナ キヌハダモドキ
Gymnodoris
citrina
学名の読み:ボルネッラ ステリッフェル ユビウミウシ
Bornella
stellifer [Syn. B. japonica]
学名の読み:ボルネッラ ステリッフェル ユビウミウシ
Bornella
stellifer [Syn. B. japonica]
学名の読み:アエオリディエッラ アルバ シロミノウミウシ
Aeolidiella
alba
学名の読み:バエオリディア・ジャポニカ ヤマトワグシウミウシ
Baeolidia
japonica
学名の読み:ファウォリナス ジャポニクス チゴミノウミウシ
Favorinus
japonicus
学名の読み:ファウォリナス ツルガナス ツルガチゴミノウミウシ
Favorinus
tsuruganus
学名の読み:ファウォリナス ツルガナス ツルガチゴミノウミウシ
Favorinus
tsuruganus
学名の読み:クラテナ リネアータ ハクセンミノウミウシ
Cratena
lineata
学名の読み:クトナ オルターナ フジエラミノウミウシ
Cuthona
ornata
学名の読み:エリシア オブトゥサ オトメミドリガイ
Elysia
obtusa



画像をクリックすると大きな画像とウミウシのデータが表示されます