No.484 2002/08/03 伊豆・大瀬崎 岬の先端(1本目)
天気:晴れ 水温:27〜28℃ 透明度:4〜8m


 今週も大瀬崎に行ってきました。
 先週は「ヤマトワグシウミウシ Berghia japonica」をはじめて見ることができましたが、「うしーず」掲示板のyamaさんの書き込みによると「ヤマトワグシウミウシ」とほぼ同じ場所に「ホソエラワグシウミウシ Limenandra fusiformis」もいたそうです。それを見るのが今回の目的です。

 「ホソエラワグシウミウシ」がいるのは湾内ですが、1本目は、まず岬の先端に潜ります。
ちなみに、今回もタンク1本で2箇所潜ります。

 岬の先端も先週と同じく水深1〜3mの範囲でウミウシを探します。

 いきなり「チゴミノウミウシ Favorinus japonicus」、「ユビウミウシ Bornella stellifer」、「コミドリリュウグウウミウシ Tambja amakusana」がほぼ同時に見付かり、どれから撮影するか迷いましたが、一番小さい「チゴウミウシ」から撮影していきました。
「コミドリユウグウウミウシ」も今回は前回より大きめで体長15mm程あります。「ユビウミウシ」は35mm程の大きな個体でしたので見失うことは無いだろうと思っていましたが、最後に撮影しようと思っていたら、いなくなってました。
幸いにも妻が撮影していたので、私達にとって大瀬で初の「ユビウミウシ」を記録に残すことができました。
しかし、妻のデジカメは、最近の小さいウミウシ用にセッティングしてあったので、全身を写すことはできませんせした。

 今回は「チゴミノウミウシ」がよく目に付きました。これは、他のウミウシの卵を食べるウミウシですが、ウミウシの卵に付いている所は見かけませんでした。しかし、ミノの色が黄色やピンクの個体がいましたのでどこかで、そのような色の卵を食べているのは確実だと思います。

 「シミツキウミウシ Discodoris lilacina」も4個体見ることが出来ました。どれも、10〜12mm程の小さな個体です。このサイズの個体は、真鶴の磯や下田の磯でもよく見かけます。以前は「ツヅレウミウシ Discodoris concinna」としていましたが、ラドマン先生のフォーラムによると、このウミウシは「シミツキウミウシ」となるようです。
 しかし、体長50〜70mmの個体と今回のような体長10mm前後の個体とでは、かなり模様の感じが異なります。
小さいのは幼体時の模様なのかも知れませんが、今一つ納得がいかない気もします。よく見かけるウミウシなので、今後も観察&撮影を続けたいと思います。

 妻がオレンジ色のドーリス系のウミウシを見つけました。見たことがあるような気もしますが、初めて見るような気もします。どうもこの手の種は特徴が無いというか分かり難く、難しいです。
幸い、今回は触角も二次鰓も撮影できました。図鑑で調べた所、もっとも似ていたのが「キイロハケジタウミウシ Geitodoris lutea」です。しかし、図鑑の写真と特徴がまったく同じというわけではないので、今のところ「キイロハケジタウミウシ? Geitodoris cf. lutea」としておきます。今後、変更になった場合は、ここにも追記します。

 「アカエラミノウミウシ Sakuraeolis enosimensis」は数が減ったように感じましたが、今回も2個体確認できました。

 今回も「ハクセンミノウミウシ」のような小さなミノ系ウミウシを見つけました。前回の個体は触角の下の部分にオレンジ色の線が無かったので、ミノウミウシ系の不明種としていましたが、今回の個体はオレンジ色の線があった為「ハクセンミノウミウシ? Cratena cf. lineata」としました。線の有無以外は、前回の個体もほぼ同じ感じでしたので、前回の個体も「Cratena cf. lineata」に変更しました。
 しかし、今回の個体は、体の模様が線ではなく点になってしまってます。その他、当サイトで「ハクセンミノウミウシ」としているものでも線の模様パターンにかなりのばらつきがあるので、暇をみて今一度整理してみようと思っています。
 2002/08 追記1:
 この「ハクセンミノウミウシ」っぽいウミウシですが、その後の調査で触角の形状が、明らかに「ハクセンミノウミウシ」とは違うことがわかりました。
私が知る範囲で一番近い種は、いまのところ「ネアカミノウミウシ Cratena cf. affinis」です。


 2002/12 追記2:
 大瀬崎、浮島、八丈島の個体写真をラドマン先生のフォーラムに送ったところ、大瀬崎と浮島の個体は「アカメミノウミウシ Cratena affinis」であることがわかりました。八丈島の個体が「アカメミノウミウシの仲間1(和名なし) Cratena cf. affinis」となります。大瀬崎と浮島の個体ではミノの根元の色が異なりますがこれは、摂食状態や生息状況によって変化するそうです。


 前回と同じような大きさの「アカボシツバメガイ Chelidonura fulvipunctata」、「ミヤコウミウシの幼体 Dendrodoris denisoni juv.」、「カンザシウミウシ Euphurus ornatus」も、いました。どれも小さな個体なので沢山みることは難しいですが、個体数は少なくないと感じました。

 そろそろ上がろうかなと思った頃に、妻がはじめて見るウミウシを見つけました。
「シミツキウミウシ」を黄色くしたような感じですが、撮影した画像を拡大して見ると、体に白い突起(点)があるのがわかります。その突起の形状がかなり特徴的で、白い点を頂点として星の形状に線模様が広がってます。このような突起のクローズアップ画像をどこかで見たことあるな?と思い、探してみたところ、ラドマン先生のフォーラムにありました。
外套部の質感がちょっとちがうような気もしますが、突起の特徴がかなり似ているので、現在の所このウミウシは「ゲイトドリス プラナタ? Geitodoris cf. planata」としておきます。
 このウミウシも、今後の調査次第では変更になる可能性がありますが、その時はここにも追記します。

 上がり際の、水深1mも無い所では「ウミフクロウ Pleurobranchaea japonica」や「メリベウミウシの幼体 Melibe papillosa juv.」を見ることができました。
 「オカダウミウシ Vayssierea felis」は、下田の磯ほどではないですが沢山います。

伊豆・大瀬崎で出会ったウミウシたち(1本目)

チゴミノウミウシ Favorinus japonicus ----- 5個体
ユビウミウシ Bornella stellifer ----- 1個体
コミドリリュウグウウミウシ Tambja amakusana ----- 1個体
シミツキウミウシ Discodoris lilacina ----- 4個体
キイロハケジタウミウシ? Geitodoris cf. lutea ----- 1個体
アカエラミノウミウシ Sakuraeolis enosimensis ----- 2個体
アカメミノウミウシ Cratena affinis ----- 1個体
アカボシツバメガイ Chelidonura fulvipunctata ----- 1個体
ミヤコウミウシの幼体 Dendrodoris denisoni juv. ----- 1個体
カンザシウミウシ Euphurus ornatus ----- 1個体
ガストロプテリダエの仲間 GASTROPTERIDAE sp. ----- 1個体
オカダウミウシ Vayssierea felis ----- 多数
メリベウミウシの幼体 Melibe papillosa juv. ----- 1個体
ウミフクロウ Pleurobranchaea japonica ----- 2個体
ゲイトドリス・プラナタ? Geitodoris cf. planata ----- 1個体



No.485 2002/08/03 大瀬崎 湾内(2本目)
天気:晴れ 水温:27〜28℃ 透明度:4m


 2本目(タンクは1本ですが、ダイビングとしては2本目)は、岬の先端からの帰り道の湾内です。
マンボウ桟橋付近の浅瀬だけですが、目的の「ホソエラワグシウミウシ Limenandra fusiformis」はこの付近にいるはずです。
 エントリーしてすぐ、妻と私それそぞれが「ヤマトワグシウミウシ Berghia japonica」を見つけます。
じっくり撮影したかったのですが、目的の「ホソエラワグシウミウシ」を見つけるまでは落ち着けません。
後ろ髪を引かれる気持ちでさよならして、ウミウシ探しを続けると、直ぐに妻が何かを見つけたようです。妻は「また同じの」という感じで、私のほうを見て「もういいね」といっているようです。「なになに」という感じで、そのウミウシを見てみると「ホソエラワグシウミウシ」ではないですか!もちろん撮影しました。
 後で妻から聞いた話では、全部「ヤマトワグシウミウシ」に見えたそうで、その時点で4個体目だったのでもういいだろうと思ったそうです。危ないあぶない-----

 その後、「ヤマトワグシウミウシ」、「ヒロウミウシ Hopkinsia hiroi」、「オカダウミウシ Vayssierea felis」、「ミノウミウシ Aeolidiella indica」などを見て上がりました(途中、マリンサービスみやもとの栗原さんともすれ違いました<笑>)。

 上がり際、久しぶりに南洋系のかわいいフグ(名前がわからないけど、小さくて膨らんでかわいかった)やコケギンポを見て上がりました。たまには魚もいいですね。

 今回、「ヤマトワグシウミウシの卵塊」の写真を掲載してますが、これはダイビングではなくサンライズ大瀬の前のビーチでスノーケリングで確認したものです。このとき「ヤマトワグシウミウシのペア」の2組確認しています。
「ヤマトワグシウミウシ」は今が旬のようです。

伊豆・大瀬崎で出会ったウミウシたち(2本目)

ヤマトワグシウミウシ Berghia japonica ----- 6個体
ホソエラワグシウミウシ Limenandra fusiformis ----- 2個体
ヒロウミウシ Hopkinsia hiroi ----- 3個体
オカダウミウシ Vayssierea felis ----- 多数
ミノウミウシ Aeolidiella indica ----- 1個体

学名の読み:タユバ・リラキナ ツヅレウミウシ(異名:シミツキウミウシ)
Tayuva
lilacina [Syn. D. concinna]
学名の読み:タユバ・リラキナ ツヅレウミウシ(異名:シミツキウミウシ)
Tayuva
lilacina [Syn. D. concinna]
学名の読み:ドリディダエ ドーリス科の1種1
DORIDIDAE
sp. 1
学名の読み:ドリディダエ ドーリス科の1種1
DORIDIDAE
sp. 1
学名の読み:ドリディダエ ドーリス科の1種6
DORIDIDAE
sp. 6
学名の読み:ドリディダエ ドーリス科の1種6
DORIDIDAE
sp. 6
学名の読み:リマキア オルナータ カンザシウミウシ
Limacia
ornata
学名の読み:タンブヤ アマクサナ コミドリリュウグウウミウシ
Tambja
amakusana
学名の読み:デンドロドーリス デニソンイ ミヤコウミウシ
Dendrodoris
denisoni
学名の読み:ボルネッラ ステリッフェル ユビウミウシ
Bornella
stellifer [Syn. B. japonica]
学名の読み:リメナンドラ フジフォルミス ホソエラワグシウミウシ
Limenandra
fusiformis
学名の読み:リメナンドラ フジフォルミス ホソエラワグシウミウシ
Limenandra
fusiformis
学名の読み:リメナンドラ フジフォルミス ホソエラワグシウミウシ
Limenandra
fusiformis
学名の読み:リメナンドラ フジフォルミス ホソエラワグシウミウシ
Limenandra
fusiformis
学名の読み:リメナンドラ フジフォルミス ホソエラワグシウミウシ
Limenandra
fusiformis
学名の読み:リメナンドラ フジフォルミス ホソエラワグシウミウシ
Limenandra
fusiformis
学名の読み:バエオリディア・ジャポニカ ヤマトワグシウミウシ
Baeolidia
japonica
学名の読み:バエオリディア・ジャポニカ ヤマトワグシウミウシ
Baeolidia
japonica
学名の読み:バエオリディア・ジャポニカ ヤマトワグシウミウシ
Baeolidia
japonica
学名の読み:サクラエオリス エノシメンシス アカエラミノウミウシ
Sakuraeolis
enosimensis
学名の読み:クラテナ アフィニス アカメミノウミウシ
Cratena
affinis
学名の読み:ファウォリナス ジャポニクス チゴミノウミウシ
Favorinus
japonicus
学名の読み:ファウォリナス ジャポニクス チゴミノウミウシ
Favorinus
japonicus
学名の読み:ファウォリナス ジャポニクス チゴミノウミウシ
Favorinus
japonicus
学名の読み:ケリドヌラ フルウィプンクタータ アカボシツバメガイ
Chelidonura
fulvipunctata
学名の読み:ガストロプテロン ヤマトウミコチョウ属の1種2
Gastropteron
sp. 2
学名の読み:ガストロプテロン ヤマトウミコチョウ属の1種2
Gastropteron
sp. 2
学名の読み:ガストロプテロン ヤマトウミコチョウ属の1種2
Gastropteron
sp. 2
学名の読み:ガストロプテロン ヤマトウミコチョウ属の1種2
Gastropteron
sp. 2
学名の読み:ガストロプテロン ヤマトウミコチョウ属の1種2
Gastropteron
sp. 2
学名の読み:ガストロプテロン ヤマトウミコチョウ属の1種2
Gastropteron
sp. 2
学名の読み:ガストロプテロン ヤマトウミコチョウ属の1種2
Gastropteron
sp. 2



画像をクリックすると大きな画像とウミウシのデータが表示されます