No.504 2003/5/4 伊豆・浮島 ビーチ・右側 水上アーチ付近(1本目)
天気:晴れ 水温:19℃ 透明度:5〜7m


 昨日は下田に一泊して二日目も西伊豆の浮島でダイビングです。

 1本目は、昨夜の宿でじっくりと画像を観察した(途中眠くて意識を失いましたが・・)「キイロウミコチョウの交接シーン」をもう一度見たくて、ビーチ右側の水上アーチ付近に入ります。
 「キイロウミコチョウ」はすぐに見つかったのですが、交接中の個体は見付りませんでした。
 今日見た「キイロウミコチョウ」は単独でしたが、昨日見た交接中の個体のような、頭部のみ黄色であとはオレンジ色の個体でした。

 妻が小さな「リュウモンイロウミウシ Hypselodoris maritima」の幼体を見つけてきました。昨日の「セトイロウミウシの幼体」といい、幼体は小さいけれども、とてもキレイです。

 妻が次に見付けたのはまたしても小さな、「シロミノウミウシ Aeolidiella alba」です。昨年の9月に、ここ浮島で数個体確認してます。

 その他は昨日とほぼ同じウミウシたちが観察できました。

 2時間を過ぎた辺りで、そろそろ上がろうと出口付近に移動したところで、「アカメミノウミウシ Cratena affinis」を見付けました。小さい個体でしたが、慣れてくると「ハクセンウミウシ」との触角の違いが肉眼でもわかりました。

 最後に「オトメミドリガイ Elysia obtusa」を撮影して上がりました。

 今日もエキジット口付近には、「アメフラシ Aplysia kurodai」が沢山いました。


伊豆・浮島で出会ったウミウシたち(1本目)

キイロウミコチョウ Siphopteron flavum ----- 4個体
コノハミドリガイ Elysia ornata ----- 2個体
アオウミウシ Hypselodoris festiva ----- 多数
ウスイロウミウシ Hypselodoris placida ----- 多数
ユビウミウシ Bornella stellifer ----- 多数
オトメウミウシ Dermatobranchus otome ----- 多数
ハクセンミノウミウシ Cratena lineata ----- 1個体
リュウモンイロウミウシ(幼体) Hypselodoris maritima juv. ----- 1個体
シロミノウミウシ Aeolidiella alba ----- 1個体
サラサウミウシ Chromodoris tinctoria ----- 1個体
ヨゾラミドリガイ Thuridilla vatae ----- 1個体
ヒロウミウシ Hopkinsia hiroi ----- 4個体
ムカデミノウミウシ Pteraeolidia ianthina ----- 多数
アカメミノウミウシ Cratena affinis ----- 1個体
オトメミドリガイ Elysia obtusa ----- 1個体
アメフラシ Aplysia kurodai ----- 多数




No.505 2003/5/4 浮島 ビーチ・右側〜アーチ付近+ドラゴンホール(2本目)
天気:晴れ 水温:19℃ 透明度:5〜8m


 2本目はまず、もう一度「ニシキウミウシ」を探しに行ってみることにしました。今度は砂地沿いに目標物のブイまで一直線です。途中、「ダテハゼ」がたくさん見られました。
 まずは、第一の目標物のブイまでは問題なく辿り着けたのですが、そこから先がわからず結局断念しました。どうも「ニシキウミウシ」とは相性がよくないようです。

 とりあえず、水上アーチの入口付近まで戻ることにします。
 戻りながらウミウシを探していると「オトメミドリガイ Elysia obtusa」が2個体見付りました。
 1つは、外套のフチが白くなる個体で、もう一つはフチではなく、外套部の前の方と後ろの方が白くなる個体です。この両者のパターンは、北陸・越前などの海でも確認しています。

 戻る途中でもう一種類「ネズミウミウシ Platydoris sp.」のペアを見付けました。小さい方の個体は触角の横付近を欠損していてちょっとかわいそうです。このウミウシは以前にも大瀬崎で見ているのですが同じように体の一部を欠損していました。「Platydoris 属」のウミウシは外敵に襲われやすいようです。

 水上アーチの入口付近まで戻ってきたところで、私はちょっとドラゴンホールまで行ってみることにしました(「ちょっとじゃないぞ」という突っ込みは無しで...)。

 「速攻で行って戻ってくるぞ」と自分に言い聞かせて出発したものの、移動を始めてすぐに「アリモウミウシ Ercolania boodleae」に出会ってしまいます。
 しかも、アリモウミウシ団地のように8個体ほどで群れてます。これは撮影するしかないでしょうということで、しばらく撮影&観察してしまいました。
 以前に下田で見た個体は頭部があまり白くならない、あまり標準的ではない個体だったのですが、今日の個体は頭部が白く、ミノの先端がオレンジ色の標準的な色彩の個体です。
 しかし、小さいことと、あまり時間が無いことへのあせりで、なかなかうまく撮影できませんでした。

 後ろ髪を引かれる思いでその場所を後にして、ドラゴンホールへ向かいます。
 到着してすぐに、教えていただいた場所がわかりました。
 思ったよりも直ぐに見つかったので、じっくりと観察&撮影できます。
 まずは1枚撮影してデジカメのモニターで観察すると、触角も確認でき、ウミウシの仲間であることは間違いないようです。
 しかし、岩のくぼみ(後でよーく画像を見ると、このウミウシが食べた海面のくぼみかもしれない)にはまり込んでいて、色々な角度からの撮影はできそうにありません。
 真上から撮影すると、触角がつるっとした棒のように写ってしまい、細部が確認できません。下に回りこみなんとか角度を付けて撮影することによって、触角のヒダ形状も確認することができました。
 で、このウミウシですが、伝言板の情報のように「ミズタマイボウミウシ Phyllidia scottjohnsoni」のようです。
 このウミウシ、海外や八丈島では確認例があるのですが、伊豆ではなかり珍しいのではないでしょうか?
 浮島は今までにも、八丈島で見られるウミウシが突然現われたりしますが、これは黒潮の当たり具合が良いのではなかと想像してしまいます。 とにかく種がわかってスッキリしました。

 時間に少し余裕があったので反対側の壁で「オトメウミウシ」「ウスイロウミウシ」「アオウミウシ」「シロウミウシ」を見て上がりました。

伊豆・浮島で出会ったウミウシたち(2本目)

オトメミドリガイ Elysia obtusa ----- 2個体
ネズミウミウシ Platydoris sp. ----- 2個体
アリモウミウシ Ercolania boodleae ----- 多数
ミズタマイボウミウシ Phyllidia scottjohnsoni ----- 1個体
ミズタマイボウミウシ Phyllidia scottjohnsoni ----- 1個体
オトメウミウシ Dermatobranchus otome ----- 多数
ウスイロウミウシ Hypselodoris placida ----- 多数
アオウミウシ Hypselodoris festiva ----- 2個体
シロウミウシ Chromodoris orientalis ----- 1個体

学名の読み:プラティドーリス ネズミウミウシ
Platydoris
tabulata ?
学名の読み:プラティドーリス ネズミウミウシ
Platydoris
tabulata ?
学名の読み:ヒュプセロドーリス フェスティバ アオウミウシ
Hypselodoris
festiva
学名の読み:ゴニオブランカス オリエンタリス シロウミウシ
Goniobranchus
orientalis
学名の読み:ヒュプセロドーリス マリティマ リュウモンイロウミウシ
Hypselodoris
maritima
学名の読み:ヒュプセロドーリス マリティマ リュウモンイロウミウシ
Hypselodoris
maritima
学名の読み:オケニア・ヒロイ ヒロウミウシ
Okenia [Hopkinsia]
hiroi
学名の読み:オケニア・ヒロイ ヒロウミウシ
Okenia [Hopkinsia]
hiroi
学名の読み:フュリッディア スコットジョンソンイ ミズタマイボウミウシ
Phyllidia
scottjohnsoni
学名の読み:フュリッディア スコットジョンソンイ ミズタマイボウミウシ
Phyllidia
scottjohnsoni
学名の読み:アエオリディエッラ アルバ シロミノウミウシ
Aeolidiella
alba
学名の読み:アエオリディエッラ アルバ シロミノウミウシ
Aeolidiella
alba
学名の読み:クラテナ アフィニス アカメミノウミウシ
Cratena
affinis
学名の読み:クラテナ アフィニス アカメミノウミウシ
Cratena
affinis
学名の読み:クラテナ リネアータ ハクセンミノウミウシ
Cratena
lineata
学名の読み:エリシア オブトゥサ オトメミドリガイ
Elysia
obtusa
学名の読み:エリシア オブトゥサ オトメミドリガイ
Elysia
obtusa
学名の読み:エリシア オルナタ コノハミドリガイ
Elysia
ornata
学名の読み:トゥリディラ バタアエ ヨゾラミドリガイ
Thuridilla
vatae
学名の読み:エルコラニア ブードルアエ アリモウミウシ
Ercolania
boodleae
学名の読み:エルコラニア ブードルアエ アリモウミウシ
Ercolania
boodleae
学名の読み:エルコラニア ブードルアエ アリモウミウシ
Ercolania
boodleae
学名の読み:フィリネ ルブラータ アカキセワタ
Philine
rubrata
学名の読み:シポプテロン フラウム キイロウミコチョウ
Siphopteron
flavum
学名の読み:シポプテロン フラウム キイロウミコチョウ
Siphopteron
flavum
学名の読み:シポプテロン フラウム キイロウミコチョウ
Siphopteron
flavum



画像をクリックすると大きな画像とウミウシのデータが表示されます