No.471 2002/06/22 伊豆・浮島 ビーチ・トップガンホール(1本目)
天気:晴れ 水温:19〜20℃ 透明度:5〜8m


 今週は北陸の越前に行く予定でしたが、海況が悪い方向にいかっているようなので中止して、急遽、西伊豆の浮島に行ってきました。メンバーは私たち夫婦の他に越前に行く予定だった3名です。
 最近の浮島はホットなウミウシの話題が次から次へと出てきてて、とても熱いポイントです。

 まずは、1本目に海に向かって右側の「ビーチ・トップガンホール」に入ります。
当サイトの伝言版に「RUMIさん」が投稿してくださった「ミノ系ウミウシ」を探しますが見付かりませんでした。
場所も詳しく教えていただいていただけに残念です。

 ここでは先週とほぼ同じウミウシ達が見られましたが「ムラサキウミコチョウ Sagaminopteron ornatum」はかなり減った感じです。実際、私は見ませんでした(妻は見たそうです)。それと「ユビウミウシ Bornella stellifer」もなぜか今回は見られませんでした。
 先週見られなくて今回見ることができたウミウシは「サガミイロウミウシ Hypselodoris sagamiensis」と「キイロイボウミウシ Phyllidia ocellata」です。
 サガミイロウミウシは1個体のみでしたが、キイロイボウミウシは5月にも違う個体と思われる個体を確認してます。
 「ウスイロウミウシ Hypselodoris placida」は、先週にも増して沢山みることができました。卵塊もたくさんありましたし、今がピークといった感じです。体に黄色い色が薄く出ている個体がいくつかいましたが、これは恐らく黄色い海綿を食べていた個体だと思います。
 また、かなり数の減った「ムカデミノウミウシ Pteraeolidia ianthina」ですが、今回は幼体と思われる小さな個体(約6mm)を見ました。以前、247さんも八丈島で同じような個体を撮影してますが、ムカデウミウシの幼体はまるで別のウミウシのようです。

 その他、いつもの「アオウミウシ」「シロウミウシ」「サラサウミウシ」「キイロウミコチョウ」「コノハミドリガイ」などを見てエキジットしました。
 エキジット直前の浅瀬で石の裏を見たら「メリベウミウシ Melibe papillosa」がいました。

 エキジットしてから、先に上がっていた仲間から「ミアミラウミウシ Ceratosoma sinuata」を見たという話を聞き、仲間につきあってもらって、仲間の余りタンクで撮影しに行きました(トップガンホールの入り口付近)。
 バッチリ撮影することもでき、仲間には大感謝です。

 家に帰ってから、画像をチェックしていると、ショッキングな画像がありました。交接中だと思っていた「コノハミドリガイ」が、実は奇形種だったようです(よく考えれば交接器の位置は逆です)。交接するような形で体がくっ付いてしまってます。栗原さんの「双頭のシロウミウシ」のケースといい、なにか生態系がおかしくなっているのかもしれません。

伊豆・浮島で出会ったウミウシたち(1本目)

キイロウミコチョウ Siphopteron flavum ----- 多数
ムラサキウミコチョウ Sagaminopteron ornatum ----- 1個体
アオウミウシ Hypselodoris festiva ----- 多数
シロウミウシ Chromodoris orientalis ----- 多数
サラサウミウシ Chromodoris tinctoria ----- 多数
コノハミドリガイ Elysia ornata ----- 3個体
ウスイロウミウシ Hypselodoris placida ----- 多数
オトメウミウシ Dermatobranchus otome ----- 4個体
キイロイボウミウシ Phyllidia ocellata ----- 1個体
サガミイロウミウシ Hypselodoris sagamiensis ----- 1個体
ムカデミノウミウシ Pteraeolidia ianthina ----- 1個体
メリベウミウシ Melibe papillosa ----- 1個体
ミアミラウミウシ Ceratosoma sinuata ----- 1個体




No.472 2002/06/22 浮島 ビーチ・ドラゴンホール(2本目)
天気:晴れ 水温:19〜20℃ 透明度:8m


 2本目は、サンセットリゾートの忍沢さんに場所を教えていただき「センヒメウミウシ Aegires villosus」を探しに「ドラゴンホール」に行きました。
しかし、私が場所を間違えてしまい(2回も!)、目的のドラゴンホールまでだいぶ遠周りしてしまいました(トホホです)。

 私が間違えて入ったホールでは、「ムラサキウミコチョウ Sagaminopteron ornatum」「ヒロウミウシ Hopkinsia hiroi」を見ることができました。
ヒロウミウシは、浮島では初めて見たので是非撮影したかったのですが、レンズを交換しているうちにうねりで私自身が動いてしまい見失ってしまいました。

 「アオウミウシ Hypselodoris festiva」、「オトメウミウシ Dermatobranchus otome」は相変わらず多いです。今回、妻が撮影したオトメウミウシは背中の黒い模様の部分が多く、今まで見た個体とは違いました。

 間違えながらも、なんとか「ドラゴンホール」に到着して「センヒメウミウシ Aegires villosus」を探します。途中、「シロタエイロウミウシ Glossodoris pallida」、「リュウモンイロウミウシ Hypselodoris maritima」が、いましたが撮影は後回しです(ウスイロウミウシも沢山いました)。
 しかし、センヒメウミウシがどうしても見付かりません・・・目を皿のようにして探していると「ハクセンミノウミウシ Cratena lineata」が見付かりました。
初めは「変わったミノ系ウミウシがいる!」と思いましたが、強いうねりの中なんとか撮影してその場で確認すると「ハクセンミノウミウシ」でした。「ハクセンミノウミウシ」は、以前にもこのホールで見ています。
 センヒメウミウシが見付からず、あきらめてホールの出口に向かって行くと、妻が「これでしょ!」という感じで「センヒメウミウシ」を指差してます。「おおっ!!」、「なんで!?」と驚きながらもうねりの中でなんとか撮影できました。
 エキジットしてから聞いた話では、私がホールの奥でセンヒメウミウシを探している時にすでに仲間がホールの中央付近の左の壁で見つけていたそうです。まあ、結果OKということで・・・
 詳しい情報を頂いたサンセットリゾートの忍沢さん、ありがとうございました。
 また、今回、「センヒメウミウシ」「ミアミラウミウシ」を見つけてくれた仲間にも大感謝です。

伊豆・浮島で出会ったウミウシたち(2本目)

アオウミウシ Hypselodoris festiva ----- 多数
オトメウミウシ Dermatobranchus otome ----- 3個体
ムラサキウミコチョウ Sagaminopteron ornatum ----- 1個体
ヒロウミウシ Hopkinsia hiroi ----- 1個体
シロタエイロウミウシ Glossodoris pallida ----- 1個体
ウスイロウミウシ Hypselodoris placida ----- 多数
ミツイラメリウミウシ Diaphorodoris mitsuii ----- 1個体
リュウモンイロウミウシ Hypselodoris maritima ----- 1個体
ハクセンミノウミウシ Cratena lineata ----- 1個体
センヒメウミウシ Aegires villosus ----- 1個体

学名の読み:ヒュプセロドーリス フェスティバ アオウミウシ
Hypselodoris
festiva
学名の読み:ヒュプセロドーリス プラキダ ウスイロウミウシ
Hypselodoris
placida
学名の読み:ヒュプセロドーリス プラキダ ウスイロウミウシ
Hypselodoris
placida
学名の読み:ヒュプセロドーリス プラキダ ウスイロウミウシ
Hypselodoris
placida
学名の読み:ヒュプセロドーリス プラキダ ウスイロウミウシ
Hypselodoris
placida
学名の読み:ヒュプセロドーリス サガミエンシス サガミイロウミウシ
Hypselodoris
sagamiensis
学名の読み:グロッソドーリス パリーダ シロタエイロウミウシ
Glossodoris
pallida
学名の読み:ケラトゾーマ シヌアータ ミアミラウミウシ
Ceratosoma
sinuata
学名の読み:ケラトゾーマ シヌアータ ミアミラウミウシ
Ceratosoma
sinuata
学名の読み:ケラトゾーマ シヌアータ ミアミラウミウシ
Ceratosoma
sinuata
学名の読み:ディアポロドーリス ミツイイ ミツイラメリウミウシ
Diaphorodoris
mitsuii
学名の読み:アエギレス ウィロッザス センヒメウミウシ
Aegires
villosus
学名の読み:アエギレス ウィロッザス センヒメウミウシ
Aegires
villosus
学名の読み:アエギレス ウィロッザス センヒメウミウシ
Aegires
villosus
学名の読み:フュリッディア オセラータ キイロイボウミウシ
Phyllidia
ocellata
学名の読み:メリベ パピローザ ヒメメリベ(旧 メリベウミウシ)
Melibe
papillosa
学名の読み:デルマトブランクス オトメ オトメウミウシ
Dermatobranchus
otome
学名の読み:クラテナ リネアータ ハクセンミノウミウシ
Cratena
lineata
学名の読み:プテラエオリディア イアンティナ ムカデミノウミウシ
Pteraeolidia
ianthina
学名の読み:プテラエオリディア イアンティナ ムカデミノウミウシ
Pteraeolidia
ianthina
学名の読み:エリシア オルナタ コノハミドリガイ
Elysia
ornata
学名の読み:エリシア オルナタ コノハミドリガイ
Elysia
ornata
学名の読み:シポプテロン フラウム キイロウミコチョウ
Siphopteron
flavum



画像をクリックすると大きな画像とウミウシのデータが表示されます