2001/11/11 伊豆・下田 (潮溜り)
天気:晴 水温:20℃


 9月末に初めて下田の潮溜りでウミウシを観察して、今回で下田は2回目です。前回に比べ水温もだいぶ下がりました。先月の真鶴・三ツ石海岸ではウミウシの数が減る傾向にあったため、下田でも少々不安でした。結果は、種類こそ前回と多少異なるものの多数のウミウシを観察することができました。前回、比較的多かったミノウミウシ系のウミウシが減って(ミノ系はイロミノウミウシのみ)今回はキヌハダ系のウミウシが多数観察できました。

 キヌハダ系ウミウシは、キヌハダモドキ Gymnodoris citrina が2個体。そのうちの一つは薄いオレンジの体に濃いオレンジの点の個体、もう一つは、白っぽい体に黄色い点の個体でした。色以外の違いは見られなかったので、色素の濃さの関係だと思われます。どちらも10mm未満の個体でしたので幼体だと思います。

 石の裏を見ると、1〜4mm位までの大きさで濃いオレンジ色のウミウシが多数見つかります。はじめは、キヌハダモドキ Gymnodoris citrina だと思っていたのですが、よく見ると体に点模様もありませんし、頭の形も異なります。このウミウシは今回とりあえず、キヌハダウミウシ Gymnodoris inornata としましたが、もしかしたら他のウミウシかもしれません。二次鰓の形も確認したかったのですが、どの個体も鰓を出してませんでした。大きさからして幼体だと思われます。かなりの数が確認できたので、一ヶ月後位に再度観察すれば、成体が観察できるかもしれません。

※後日、ログを見ていただいた 山田 久子 様 より、このウミウシは「オカダウミウシ Okadaia elegans 」と教えていただきました。「相模湾産後鰓類図譜(nishinaさんに見せていただいた)」によると、体長は5mm位までで、石(岩)の裏に生息し「ウズマキゴカイ」を餌としているようです。個体数は多いですが、小さい為かなり意識して探さないと見つからないと思います。初めて見ました。
山田 久子 様、ありがとうございました。

 先月末の真鶴・三ツ石海岸と同じようにミノ系のウミウシは種類が減ってしまいました。今回ミノ系は、イロミノウミウシ Aeolidiella chromosoma しか観察できませんでしたが、個体数は多いです。8個体まで確認しましたが、探せばまだ、たくさんいそうです。どの個体も近くにイロミノウミウシの卵と思われるものがあり産卵後のようです。一般にウミウシは産卵後、長くは生きないようなのでイロミノウミウシは今がピークだと思われます。
 「ウミウシガイドブック2・伊豆篇」には「小型種」として紹介されてますが、今回は体長50mm近くもある大きな個体を観察できました(スケールと一緒に写した写真があります)。他のイロミノウミウシも10〜20mmサイズでしたので、決して小さいウミウシというわけではないようです。

 他のウミウシは、シミツキウミウシ Discodoris lilacina が1個体観察できました。三ツ石で見た個体よりもかなり大きく、動きもなかなか素早いです。実は、もう1個体イソウミウシ科(Rostangidae)のウミウシらしき生物を見つけていたのですが、動きが遅そうなので後で撮影するつもりでいたらいなくなってしまいました。
 前回(9月末)は藻を探せば、コノハミドリガイ Elysia ornata、ツマグロモウミウシ Placida cremoniana がたくさんいたのですが、今回はまったく見当たりません。小さな、クロヘリアメフラシ Aplysia parvula の幼体が1個体見つかっただけです。

 宿泊先のチェックアウトの関係で2時間半ほどしか観察できませんでしたが、ここの磯はこんな短時間では探し尽くせないほど広いです。時間をかけて念入りに探せは、もっと多数のウミウシが観察できると思います。

下田で出会ったウミウシたち

キヌハダモドキ Gymnodoris citrina juv.----- 2個体
オカダウミウシ Okadaia elegans ----- 10個体以上
シミツキウミウシ Discodoris lilacina ----- 1個体
イロミノウミウシ Aeolidiella chromosoma ----- 8個体
クロヘリアメフラシ Aplysia parvula juv.----- 1個体

学名の読み:タユバ・リラキナ ツヅレウミウシ(異名:シミツキウミウシ)
Tayuva
lilacina [Syn. D. concinna]
学名の読み:タユバ・リラキナ ツヅレウミウシ(異名:シミツキウミウシ)
Tayuva
lilacina [Syn. D. concinna]
学名の読み:ジムノドーリス・キトリナ キヌハダモドキ
Gymnodoris
citrina
学名の読み:ジムノドーリス・キトリナ キヌハダモドキ
Gymnodoris
citrina
学名の読み:ジムノドーリス・キトリナ キヌハダモドキ
Gymnodoris
citrina
学名の読み:ジムノドーリス・キトリナ キヌハダモドキ
Gymnodoris
citrina
学名の読み:ウァッシレア フェリス オカダウミウシ
Vayssierea
felis
学名の読み:ウァッシレア フェリス オカダウミウシ
Vayssierea
felis
学名の読み:ウァッシレア フェリス オカダウミウシ
Vayssierea
felis
学名の読み:ウァッシレア フェリス オカダウミウシ
Vayssierea
felis
学名の読み:スプリッラ  クロモゾーマ イロミノウミウシ
Spurilla
chromosoma
学名の読み:スプリッラ  クロモゾーマ イロミノウミウシ
Spurilla
chromosoma
学名の読み:スプリッラ  クロモゾーマ イロミノウミウシ
Spurilla
chromosoma
学名の読み:スプリッラ  クロモゾーマ イロミノウミウシ
Spurilla
chromosoma
学名の読み:スプリッラ  クロモゾーマ イロミノウミウシ
Spurilla
chromosoma
学名の読み:アプリュジア パルウラ クロヘリアメフラシ
Aplysia
parvula



画像をクリックすると大きな画像とウミウシのデータが表示されます