No.416 2001/06/02 伊豆・川奈 ビーチ(1本目)
天気:曇のち晴 水温:18〜19℃ 透明度:8〜10m


行方不明になってしまったバンパーウミウシ(仮称)を探しに、川奈に行ってきました。
とりあえず前回目撃された場所に行きましたが、姿は見られません・・・
気を取り直して近くにいるはずの「イガグリウミウシ」を探すことにしました。
しばらく探すと昆布のような海藻に体長10mm位のイガグリがいます。 初めてみました。
撮影し終わると、バディが残圧が少ないとのサイン・・・意気込んでかなりハイペースで泳いだのでいつもよりエアーの消費が早かったようです。
戻る途中にも、体長100mm位の「ニシキウミウシ」を見かけたのですが、とにかくバディは早く浅場に戻りたい様子でしたので、撮影せずに戻りました。


No.417 2001/06/02 伊豆 川奈 ビーチ(2本目)
天気:晴れ 水温:18〜19.5℃ 透明度:8〜10m


2本目は、バンパーウミウシをあきらめてその他のウミウシを探すことにしました。
1本目に見かけた「ニシキウミウシ」を探すがみつかりません。大きかったので簡単に見つかると思ったのが甘かったですね。またまた気を取り直して他のウミウシを探します。
伊豆の定番ウミウシ4種のうち3種「アオウミウシ」、「シロウミウシ」、「サラサウミウシ」は相変わらずよく見かけます(先月は4種目の「コノハミドリガイ」もいました)。
「今日は、あまり珍しいのがいなかったな〜」とあきらめかけていると、バディが小さなウミウシを見つけてきました(5mm位)。今までに見たことのないウミウシです。 とりあえずひたすら撮影しました。
その後、「クロモウミウシ」の産卵を見に浅場を探しましたが、見つからず・・・(でも、ジェスターさんで写真を見せていただきました。)
エキジットしてから、ジェスターさんのテレビで、みぎさんに撮影したウミウシを見ていただきました。
その結果、小さなウミウシは「サガミイロウミウシ」の「juv」のようです。どちらも初めてみたウミウシだったのでので、うれしかったです。

学名の読み:ヒュプセロドーリス フェスティバ アオウミウシ
Hypselodoris
festiva
学名の読み:ヒュプセロドーリス フェスティバ アオウミウシ
Hypselodoris
festiva
学名の読み:ヒュプセロドーリス フェスティバ アオウミウシ
Hypselodoris
festiva
学名の読み:カドリネッラ オルナティッシマ イガグリウミウシ
Cadlinella
ornatissima
学名の読み:カドリネッラ オルナティッシマ イガグリウミウシ
Cadlinella
ornatissima
学名の読み:カドリネッラ オルナティッシマ イガグリウミウシ
Cadlinella
ornatissima
学名の読み:カドリネッラ オルナティッシマ イガグリウミウシ
Cadlinella
ornatissima
学名の読み:ヒュプセロドーリス サガミエンシス サガミイロウミウシ
Hypselodoris
sagamiensis
学名の読み:ヒュプセロドーリス サガミエンシス サガミイロウミウシ
Hypselodoris
sagamiensis
学名の読み:ヒュプセロドーリス サガミエンシス サガミイロウミウシ
Hypselodoris
sagamiensis
学名の読み:ゴニオブランカス ティンクトリア サラサウミウシ
Goniobranchus
tinctoria
学名の読み:ゴニオブランカス オリエンタリス シロウミウシ
Goniobranchus
orientalis
学名の読み:ゴニオブランカス オリエンタリス シロウミウシ
Goniobranchus
orientalis



画像をクリックすると大きな画像とウミウシのデータが表示されます