No.441 2001/09/23 越前海岸 ログ前
天気:晴 水温:28℃ 透明度:10〜12m


 2日目。昨夜未明から風も収まって海もだいぶ穏やかになったのですが、まだ少しウネリが残ってます。なんとか、ログ前(正面)に入れました。「シロウミウシ」、「クロヘリアメフラシ」もいて、ウミウシは昨日より多いようです。「クロヘリアメフラシ」はカジメ林の上で沢山のペアが交尾してました。撮影していると、目がこっちを見ているようで不思議です。

 前回の越前で見た「謎のミドリガイ」も今日は見ることが出来ました(このミドリガイはいまだに名称不明です)。

 昨日の「ミヤコウミウシ」はウネリで上手く撮影できなかったので、もう一度撮影しに行ったら、今日は3匹もいます。妻が2匹で撮影しようともう1匹をつれてきたら、交尾をはじめました。ミヤコウミウシにしては小さな個体(30mm前後)だったのですが交尾をしているということはもう大人なのですね。

 その後、しばらくウミウシを探しましたが見当たりません。エキジットするときに「アオウミウシ」と「シロウミウシ」を見つけましたが、水深1m付近はウネリでとても撮影できるような状態ではなかったのであきらめました。

 結局この日は、1本だけにして帰路につきました。清算時、スタッフの方にウミウシのことを聞いたところ9月は今までいたウミウシがだんだん減ってきて、その後また違う種類のウミウシが10月ころから現れるそうです。年間で一番ウミウシが多いのは6月だそうなので来年は6月に行くことに決めました。

学名の読み:ヒュプセロドーリス プラキダ ウスイロウミウシ
Hypselodoris
placida
学名の読み:ヒュプセロドーリス プラキダ ウスイロウミウシ
Hypselodoris
placida
学名の読み:ヒュプセロドーリス プラキダ ウスイロウミウシ
Hypselodoris
placida
学名の読み:ゴニオブランカス オリエンタリス シロウミウシ
Goniobranchus
orientalis
学名の読み:ゴニオブランカス オリエンタリス シロウミウシ
Goniobranchus
orientalis
学名の読み:ゴニオブランカス オリエンタリス シロウミウシ
Goniobranchus
orientalis
学名の読み:デンドロドーリス デニソンイ ミヤコウミウシ
Dendrodoris
denisoni
学名の読み:デンドロドーリス デニソンイ ミヤコウミウシ
Dendrodoris
denisoni
学名の読み:デンドロドーリス デニソンイ ミヤコウミウシ
Dendrodoris
denisoni
学名の読み:デンドロドーリス デニソンイ ミヤコウミウシ
Dendrodoris
denisoni
学名の読み:エリシア アマクサーナ アズキウミウシ
Elysia
amakusana
学名の読み:エリシア アマクサーナ アズキウミウシ
Elysia
amakusana
学名の読み:エリシア アマクサーナ アズキウミウシ
Elysia
amakusana
学名の読み:アプリュジア パルウラ クロヘリアメフラシ
Aplysia
parvula
学名の読み:アプリュジア パルウラ クロヘリアメフラシ
Aplysia
parvula
学名の読み:アプリュジア パルウラ クロヘリアメフラシ
Aplysia
parvula



画像をクリックすると大きな画像とウミウシのデータが表示されます