2003/1/19 真鶴 三ツ石海岸(潮溜り)
天気:曇り 水温:15℃


 磯初めで、真鶴・三ツ石海岸の磯に行ってきました。
 大潮の干潮時をねらっていきましたが、今回は夜間の方が潮の引きがよく日中は今ひとつでした。

 干潮の1時間半ほど前に磯に降りると、外海と繋がっている磯は、波が入っていてちょっとウミウシ探しはきつそうです。手前側の磯から探すことにしました。
 潮溜りには「アオサ系」の海藻がびっしりと茂っています。「Elysia系」のウミウシがいそうだなと思っていたら、いました。「セトミドリガイ Elysia setoensis」です。 下田や大瀬崎でも確認していますが、この磯では初めて見るのは初めてです。

 「イロミノウミウシ Spurilla chromosoma」もまだまだ沢山います。今回は大小2個体が卵塊に寄り添っているシーンを目撃できたのですが、急いで撮影しようと準備をしているうちに水を濁らせてしまい撮影できませんでした。小さい潮溜りだと、ちょっとした動きでもすぐに水が濁ってしまいます。
 撮影はあきらめて目でジックリ観察しましたが、産卵中というわけではなかったようです。

 濁った潮溜りの中では「シミツキウミウシ Discodoris lilacina」、「アマクサアメフラシ Aplysia juliana」、「ミドリアメフラシ Aplysia oculifera」も確認できました(写真なしです・・)。
 それと、海藻の根元に張り付いている「メリベウミウシ Melibe papillosa」が2個体いました。2個体とも同じような姿で張り付いていたので、擬態していたのかもしれません。しかし、なにに擬態していたのかは不明です(笑)。

 濁った潮溜りを出て、そと海とつながっている磯に行ってみます。干潮が進み若干、磯の中も静かにはなっていますが、時より大きなウネリが入ってきます。
 まずは、連続して確認できている「キイロクシエラウミウシ Doriopsis granulosa」の所に行ってみました。すると今日も同じ場所にいるではないですか!思わず「あけましておめでとう!」と心の中でつぶやいてしまいました。黄色い海綿の表面をよーく観察してみると更に小さな(3mmほど)個体もいました。

 「オトメウミウシ Dermatobranchus otome」は今回も沢山いました。どの個体も比較的小さな個体(7〜10mm位)で、体表の黒い点の周りが薄いピンク色になってます。
 以前に撮影した「オトメウミウシ」のバリエーション画像をラドマン先生に送ったところ、フォーラムに掲載されコメントを頂きました。先生のコメントによると、黒い点の周りの半透明やピンまたは茶色の部分は、幼体に現れる特徴のようです。そういわれれば、浮島で見た20mmのオトメウミウシとしては比較的大きい個体には、このような特徴はありませんでした。

 「オトメウミウシ」がついていたのと同じ岩に「カンザシウミウシ Limacia ornata」を見つけました。「カンザシウミウシ」もつい先日ラドマン先生に画像を送ったところ、「Limacia」という属は、「Euphurus」という属に記載が一致するため、学名が「Euphurus ornatus Baba, 1937」から「Limacia ornata (Baba, 1937) 」に変更になったことのことです。

 上がり際の水深10cmも無い潮溜りでは「オカダウミウシ Vayssierea felis」が「ウズマキゴカイ」の穴に頭を突っ込んでました。捕食している所のようです。撮影したかったのですが水深的にちょっと無理があったので、あきらめました。

後で気が付いたのですが「オトメウミウシ」の写真の後ろの方に「ハクセンミノウミウシ Cratena lineata」が写ってました(笑)。

真鶴・三ツ石海岸で出会ったウミウシたち

セトミドリガイ Elysia setoensis ----- 1個体
イロミノウミウシ Spurilla chromosoma ----- 5個体(写真なし)
ミドリアメフラシ Aplysia oculifera ----- 2個体(写真なし)
アマクサアメフラシ Aplysia juliana ----- 2個体(写真なし)
メリベウミウシ Melibe papillosa ----- 2個体(写真なし)
キイロクシエラウミウシ Doriopsis granulosa ----- 2個体(写真なし)
オトメウミウシ Dermatobranchus otome ----- 7個体
カンザシウミウシ Limacia ornata ----- 1個体
オカダウミウシ Vayssierea felis ----- 多数(写真なし)
ハクセンミノウミウシ Cratena lineata ----- 1個体(写真なし)

学名の読み:リマキア オルナータ カンザシウミウシ
Limacia
ornata
学名の読み:リマキア オルナータ カンザシウミウシ
Limacia
ornata
学名の読み:デルマトブランクス オトメ オトメウミウシ
Dermatobranchus
otome
学名の読み:デルマトブランクス オトメ オトメウミウシ
Dermatobranchus
otome
学名の読み:エリシア セトエンシス セトミドリガイ
Elysia
setoensis
学名の読み:エリシア セトエンシス セトミドリガイ
Elysia
setoensis
学名の読み:エリシア セトエンシス セトミドリガイ
Elysia
setoensis



画像をクリックすると大きな画像とウミウシのデータが表示されます