2002/6/9 真鶴 三ツ石海岸(潮溜り)
天気:晴れ 水温:22℃位


 ここ最近は、なにかと忙しくて潜っていませんでしたが、デジカメを買い換えたので、比較的近所の磯、真鶴・三ツ石海岸にテストを兼ねて行って来ました。
 今日も午後から用事があるので、早起きして手短にウミウシを探します。
 手ごろな石の裏を見ると「オトメミドリガイ Elysia obtusa」がいました。体長10mmにちょっと足りない位の大きさで、新しいデジカメのテストにはちょうど良いサイズです。
このオトメミドリガイには、ちょっと申し訳なかったのですが、ジックリ撮影に付き合ってもらいました(終わったらちゃんともとの場所に戻しておきました)。

 近くの岩には「ミナミウメボシイソギンチャク」もいました。


この磯には「神奈川県指定天然記念物」の「ウメボシイソギンチャク」もいるそうなので、はじめはウメボシイソギンチャクだと思って疑いませんでした。
しかし、どうも色が浅い・・・たしかもっと真っ赤なはずだったと思い、調べてみたら、「ミナミウメボシイソギンチャク」だったと言う訳です。
 この磯では、昨年の秋〜冬にかけていろいろなミノ系のウミウシを観察しているのですが、その中の「Spurilla salaamica(和名なし)」や「イロミノウミウシ Spurilla chromosoma」などの「Spurilla系」は、「イソギンチャク」を餌としているそうです。
 このままうまく生態系が保たれていれば、今年の秋には、また色々な「Spurilla系」ウミウシが観察できるのではないかと楽しみにしています。

 「オトメミドリガイ」と「ミナミウメボシイソギンチャク」を撮影 & 観察していたら、あっというまに時間が経ってしまい、帰る時間となってしまいました。
上がり際に「オカダウミウシ Vayssierea felis」のペアも見つけたのですが、撮影する時間はありませんでした。

真鶴・三ツ石海岸で出会ったウミウシたち

オトメミドリガイ Elysia obtusa ----- 1個体
オカダウミウシ Vayssierea felis ----- 2個体

学名の読み:エリシア オブトゥサ オトメミドリガイ
Elysia
obtusa
学名の読み:エリシア オブトゥサ オトメミドリガイ
Elysia
obtusa
学名の読み:エリシア オブトゥサ オトメミドリガイ
Elysia
obtusa



画像をクリックすると大きな画像とウミウシのデータが表示されます