トンプソンアワツブガイ

  Colpodaspis  thompsoni
   Brown, 1979
頭楯目  Cephalaspidea
アワツブガイ上科  Diaphanoidea
アワツブガイ科  Diaphanidae

 とても小さな「頭楯目 CEPHALASPIDEA」のウミウシで、体長3〜4mmで成体とされます。
 丸い部分は貝殻そのもののように見えるのですが、実際は黒地に白と黄色い斑点の薄い外套膜で完全に覆われています。
 Marshall & Willan (1999年) の報告によれば、この動物は、プレッシャーを与えられた時、乳白色の液体を出すそうです。
 このウミウシについては、生態、食物、発生などの不明点が多く、他の後鰓類との関係についてなども含めて更なる研究が必要とされています。

学名の読み:コルポダスピス トンプソンイ 学名の読み:コルポダスピス トンプソンイ 学名の読み:コルポダスピス トンプソンイ 学名の読み:コルポダスピス トンプソンイ
学名の読み:コルポダスピス トンプソンイ 学名の読み:コルポダスピス トンプソンイ 学名の読み:コルポダスピス トンプソンイ 学名の読み:コルポダスピス トンプソンイ
学名の読み:コルポダスピス トンプソンイ 学名の読み:コルポダスピス トンプソンイ


画像をクリックすると大きな画像とウミウシのデータが表示されます
>> このウインドウを閉じる <<
H O M E